Amebaニュース

義理チョコ、会社の上司や仕事関係の男性に贈る? -「贈る派」は58.9%

1月21日(火) 6:15

日経ウーマンオンラインでは、働く女性のバレンタイン義理チョコ事情を調べるため、「日経ウーマンオンライン」の読者である20~40代を中心とする働く女性277名を対象にアンケート調査を実施し結果を発表した。調査は2013年10月11日~10月31日に行われた。

バレンタインに、会社の上司や仕事関係の男性に「義理(お仕事)チョコ」を贈ったことがあるか聞いたところ、「ほぼ毎年あげる」と答えた人は41.2%、「時々あげる」と答えた人は17.7%と、「贈る派」は6割(58.9%)に上った。

義理チョコを贈ったことがあると回答した人に、贈る相手の数を聞いたところ上位は「3人」(41名)と「5人」(39名)という結果になった。なお、「15人」(14名)や「20人」(16名)など多くの人に義理チョコを贈るとの回答も見られ、最多数は「200人」(1名)だった。

義理チョコの1個あたりの予算について、「500~1,000円未満」と答えた人は44.2%、「500円未満」は39.3%と、1,000円未満が合計83.5%を占めた。「お世話になっている人に感謝の気持ちは伝えたいけれど、贈る相手も複数におよぶことが多いだけに、なるべく出費は控えたい」という複雑な女ゴコロが伝わってくる結果に。

また、義理チョコとはいえ、多くの人は仕方なく贈っているのではなく、日頃の感謝の気持ちを込めて贈っていることも分かった。気持ちがきちんと伝わるように実践している工夫を聞いたところ、「一人に1つずつ(チョコを贈る)」「手作りのメッセージカード(を添える)」といった意見が寄せられた。

さらに義理チョコにまつわる「トホホな体験」として、「安いのに高価に見えるものを購入したら、同じ部署の女性とかぶってしまった。更に向こうの方が量が多かった」(25~29歳)、「一人だけ安すぎた。きっと日頃の上司への本当の気持ちが出てしまったのかと思う」(30~34歳)などのエピソードも寄せられた。

【拡大画像を含む完全版はこちら】



義理チョコ仕様の「ドン小枝」発売 -”くれてやるぜ! 義理人情”など5種
「倍返し しそうな人だけ チョコあげる」 --バレンタイン川柳入選作を発表
女性がお返しに期待する額は、実際の義理チョコの価格より高め



マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ