Amebaニュース

彼氏の仕事が忙しい時、無理に時間を作ってもらわないほうがいい理由

1月16日(木) 9:00

提供:
彼氏が仕事で忙しい時は、無理に時間を作ってもらおうとせず、繁忙期が過ぎるのを待ちましょう。「どんなに忙しくても、私のことを好きなら時間を作ってくれるはず!」という理屈はよくわかります。しかし、理屈が通らないこともあるのが恋愛というもの。悲しいかな、恋愛とは、正しい主張をしたからといって勝者になれるとは限らないのです。

仕事で忙しい人の心理状態とは?
忙しい時期、無理にデートの時間を作ってもらうと、彼氏は「忙しいなか、時間を作ってあげている」と無意識に「上から目線」になってしまうものです。実は、筆者もつい最近同じようなことを経験しました。

筆者が働く出版業界には「年末進行」というものがあります。年末年始は印刷所や編集部がお休みになるため、締め切りが繰り上がるのです。12月中旬くらいの時期は、通常の締め切りだけでなく年末分の締め切りも加わり、それこそ猫の手も借りたいほどの忙しさ。そんな時、別業界の男性から食事の誘いが入ったのですが、筆者にはどこか「忙しいなか、時間を作ってあげている」という「上から目線」なところがありました。筆者の性格が悪いだけかと、年末進行がある業種(テレビの番組制作など)の男性陣に話を聞いたところ、多かれ少なかれ「時間を作ってあげている」という感情は芽生えるとのこと。

彼氏を「上から目線」にさせてしまうと、あなたを「対等な目線」で見てくれなくなります。自分と対等に見ることができない女性に対して、恋愛感情が燃え上がるわけがないですよね。だったら、「上から目線」にさせなければ良いだけのこと。それには、繁忙期に無理して会わないのがベストなのです。

デートが「やっつけ仕事」になってしまう危険性大
バタバタと忙しい時、人は「優先順位が低い案件」を手抜きしがちです。皆さんにも経験があるかと思いますが、早起きして時間に余裕がある朝は、髪の毛を巻いたりネイルを塗り直したり、身支度に手間をかけたくなります。けれども寝坊してバタバタしている時は、「とりあえずファンデーションだけ塗ればいいや」と手抜きメイクになりますよね。

彼氏にとって忙しい時期のデートは、「優先順位が低い案件」です。バタバタしている朝の「とりあえずファンデーションだけ」と同様に、手抜き気味になるでしょう。それが嫌なら、繁忙期には無理して会わないことをおすすめします。

繁忙期に会いたがるのは真実の愛ではない!
そもそも、本当に相手のことを愛しているのなら、忙しい時期は仕事に集中させてあげようと思うのが、真実の愛というもの。「だって私は会いたいんだもん!」という“欲”のほうが強いのは、彼氏ではなく自分を愛しているということの表れですよ。

【まとめ】
繁忙期は、彼氏の業種によってまちまちでしょう。年明けが忙しい業界もあれば、年度末が忙しい業界もあります。いずれにしても、彼氏の仕事に嫉妬するのはお門違い。この不景気のなか忙しく働いているのはありがたいことだと、もっと喜びましょう。
(菊池美佳子)

【関連リンク】
誘うのはいつも私から……たまには誘ってほしい女心(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース(1/2)
三十路カップルはしょっちゅう会わないもの!? (LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース(1/2)
前もって会う約束をしたがらない彼氏、なぜ?(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース(1/4)
焦らず、愚痴らず、思いつめず……なかなか会えない忙しい男と付き合うには?(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース(1/3)
「仕事が忙しい」という理由で連絡をよこさない男(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース(1/3)
LAURIER PRESS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ