Amebaニュース

2014年は「楽しんだ者勝ち」! 幸せを呼び込む開運アイディア

12月24日(火) 12:15

提供:
20131224_akatuki_1.jpg

日本や世界のパワースポットに通じ、古神道研究や風水のプロデュースを行うスピリチュアリスト・暁玲華さん。2014年の展望とハッピーに過ごすための開運法、パワースポットをうかがいました。

――2014年はどんな年になりますか? 数字に宿るエネルギーを活用した占術「数霊(かずたま)占い」では、西暦の数字を足して2+0+1+4=「7」がキーワード。7はパワースポットで言うと「」を表し、「楽しさ」や「楽しむ」ことを表しています。気品やエレガントさがパワーを集めた2013年から、2014年は華やかで、楽しんでいる人が守護される年になるでしょう。

また干支の「午」には火の象意があることから、急速に物事が発展したり、吉凶両極端な激しい年になりそう。政治経済もその影響でお金は回るけれども浪費してしまったり、外交面で誤解が生じそうです。

世の中全体が盛り上がって騒がしい雰囲気になるため、それについて行くにはキーワードの「楽しく生きる」ことで生命力を高めて。ホッとするような「癒し」とは違い、自分からイベントへ参加して「楽しむことで癒される」イメージです。逆に言うと、勇気を出して積極的にがんばらないと運気が上がらず楽しめないかも。常に元気であることが求められるため、家ではしっかり運気を守りたいですね。

――注意すべきポイントは? 華やかな遊びを楽しむにはお金が必要不可欠ですが、使うほど良いわけではありません。衝動買いは抑え、目的に合った質の良いお金の使い方を心がけて。上司や目上の人との交流は○。メールやネット上など相手と顔を合わせない発言で誤解が生まれやすい年でもあるので、部屋にこもらず、直接人と相対しましょう

――どんな"楽しみ方"が良いですか? 「7」は日本神話に出てくるアメノウズメノミコトの加護を受ける数字でもあります。天の岩戸に隠れた天照大神(アマテラスオオミカミ)を、自らが裸踊りをして周りの神々を笑わせ、戸を開けさせた伝説を持つ女神様。他人を楽しませる余裕や勇気を持つ女優の神で、芸能・エンタメ系のお仕事、音楽や芸能系のお稽古、湖畔の音楽フェスは2014年にピッタリ!

仕事以外の余暇・趣味を充実させるのも楽しく過ごすコツ。さらにカラフルな装いで自分を魅力的にして開運しましょう。

【関連記事】
・2014年の初詣で行くべき神社3選

201401akatukireika_1.jpg暁玲華(あかつきれいか)

スピリチュアリスト、古神道研究科、風水プロデューサー。神職の資格を持ち、パワースポット関連著書多数。個人鑑定から建築物の風水プロデュースまで幅広く活躍し、信頼を得ている。公式サイト>>



photo by Thinkstock/Getty Images

(松浦松子)



■ あわせて読みたい

エルゴノミクスなゴージャススチームパンクキーボード
MYLOHAS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ