Amebaニュース

「カロリー0」に潜む甘い罠……清涼飲料水を飲むよりメタボになりやすいって本当?「本当」

12月3日(火) 22:40

カロリー0商品は甘いのにカロリーがなく、とても画期的なものですよね。

この甘みの正体はソルビトールやマルチトールという「糖アルコール」やステビアという「非糖質系天然甘味料」アスパルテームやサッカリンという「非糖質系合成甘味料」ということが多いんです。
商品に書いてある原材料名を見ると分かります。

これらは砂糖と比べると、ステビアは約200倍、サッカリンは約300から400倍の甘さがあるのにカロリーは砂糖の1/100程。そんな嬉しい素材だけど、継続的に摂ると身体は太りやすくなるんです。

これらの甘味料を摂ると、インスリンの分泌が上昇するということがボストン大学での動物実験で分かりました。
インスリンの分泌が上昇すると食欲増進に繋がります。通常、食事をすると食べた分の糖質はエネルギーに変えらますが、カロリー0の甘味料は、インスリンが分泌されてエネルギーに変えようとしても、0だから変えられません。そうするとエネルギー不足という指令が脳に伝わり、食欲が出てくるというわけ。

さらにこのような状態が継続的になると、インスリンの機能が弱まります。

インスリンを分泌しても、エネルギーに変換する働きをする必要がないと理解して、段々とインスリンが出にくくなってしまうのです。そうすると実際にエネルギー源となる砂糖が入ってきてもインスリンが分泌されず、結果的に身体に蓄積=肥満になりやすいというメカニズムになってしまいます。

心理的にもカロリー0だと、安心してつい飲み過ぎてしまいがちになってしまいますよね。反対にカロリーがあると注意して飲むようになるということもあるでしょう。カロリー0でも、そうでなくても、摂り過ぎは禁物。

カロリー0食品は上手に適度に活用しましょうね!

関連リンク
温かいレモン水でダイエット―朝に飲むと毒素やいらないモノを排出
人には言えない女子の悩み相談【ビューティ&ダイエット】
太る理由は、カロリー?食べ方?それとも?/マリー先生の相談室
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ