Amebaニュース

「ゆるキャラグランプリ2013」出場キャラクターが激しい火花をぶつける!?

11月22日(金) 21:35

 2011年のくまモン(熊本県)、2012年のバリィさん(愛媛県)に次ぐグランプリの行方が注目される「ゆるキャラグランプリ2013」。投票総数は1500万票を超え、いよいよ24日に行われる「ゆるキャラさみっと in 羽生」での発表を待つだけとなったが、それまで待てじと熱の高まりを受け、前夜祭となる「キャラ・オブ・ザ・イヤー in 東京モーターショー」が22日、東京ビッグサイトで行われた。

【関連】「ゆるキャラグランプリ2013」前夜祭となる「キャラ・オブ・ザ・イヤー in 東京モーターショー」に出席したゆるキャラたち

 前夜祭イベントには、まず「ゆるキャラアンバサダー」である両巨頭、くまモンとバリィさんが登場。軽快な足取りで運動量豊富なくまモンと、スローモーなバリィさんとキャラ的には両極端の両者だが、激戦を制し頂点に立ったグランプリ経験者として風格すら感じさせた。

 続いて、1580体が参加した今年のゆるキャラグランプリから、投票上位の9キャラが登場。堂々とレッドカーペットを歩いてステージに登場。

 まず登壇したのは栃木県佐野市の「さのまる」。佐野ラーメンのお椀をかぶり、いもフライの剣を腰に下げた、佐野の城下町に住む侍だ。続いて登場は山口県の「ちょるる」。ちょっと恥ずかしがり屋でおっちょこちょいという「ちょるる」だが、心優しく体を動かすのが大好きということで、この日も跳びはねながら山口県の魅力をPRした。

 ややアダルトな魅力で迫るのが福岡県博多からやって来た「かわりみ千兵衛(せんべい)」。「笑顔がとっても大好きじゃ。福岡から全国へ元気と笑顔を広めていきたいのじゃ」という意気込みが司会者から代読された。兜をかぶり勇ましく登場したのは静岡県浜松市の「出世大名家康くん」。浜松で過ごした17年間を足掛かりに出世した、徳川家康公の生まれ変わりだという「出世大名家康」くん。本家にあやかり、ゆるキャラ界の天下統一=グランプリ獲得はなるか。

 続けてステージに華やかなピンクの体で現れたのが、神奈川県厚木市の「あゆコロちゃん」。厚木の名産アユと、シロコロホルモンのブタがコラボした「あゆコロちゃん」は、昨年9位を記録した実力者であり、今年はさらにステップアップして日本一を狙う。「あゆコロちゃん」との色の対比が鮮やかな、静岡県磐田市の「しっぺい」。首に巻いた紅白の綱と赤いふんどしがチャームポイントで、大好物はメロン。日本的な様式美を感じさせるキャラクターである。

 さらに、古風な装いながら、ブログやフェイスブックで最新情報を発進と、現代的な一面を持つのが栃木県大田原市の「与一くん」。握手をすると一矢必中のご利益があるかもとのことで、人気を呼ぶ可能性がある。頭から出た名産・深谷ねぎの角が存在感を放ったのが、埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」。ライトグリーンの帽子と服が目に鮮やかだ。

 そして最後にやって来たのが島根県観光キャラクターの「しまねっこ」。日本一有名じゃない島根県を有名にするべく、昨年6位を上回ってのグランプリを狙う。

 以上、上位9キャラクターは仲良く記念撮影に収まったが、1つしかないグランプリの座を巡り、内心は激しく火花を散らしていたか。日本全土を巻き込んだ、国民的戦いになりつつある「ゆるキャラグランプリ2013」。その唯一の勝者、グランプリはいよいよ24日に発表となる。

■関連記事
「ひめキュン」&「バリィさん」 愛媛のアイドルとゆるキャラがコラボ!
「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ」「お・も・て・な・し」激戦の流行語候補発表
「くまモン」の幼児・園児向けシューズ発売決定 可愛くて機能性抜群!
ふなっしーを超える“キモかわ”度!! オカザえもんが八丁味噌のレシピ本を出版
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ