Amebaニュース

禁煙と学歴の相関性とは?「高卒の禁煙率48.8% 院卒80.7%」―米調査

11月20日(水) 12:56

「喫煙率と学歴って関係あるの?」

この問いに関する一つの結果がアメリカにて調査された。

■学歴別の喫煙率

アメリカがん協会が発表した『Cancer Facts & Figures 2013』によると、高学歴の方が禁煙傾向にあるという。喫煙率の変化を学歴別に比較すると、1983年と2011年の大卒の喫煙率は21パーセントから9パーセントに減少したのに対し、高卒の喫煙率は34パーセントから24パーセントにとどまった。

2011年度の最も喫煙率が高かったグループは、日本の高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に相当するGeneral Educational Development Certificate (GED)の45.3パーセント。

高卒の喫煙率は23.8パーセント。大卒(学士号)、院卒(修士・博士号)の喫煙率はそれぞれ9.3パーセントと5.0パーセント。

禁煙に関しても、2008年度の数値をもとに「学士号または修士・博士号をもつ喫煙者のほうが、それ以外の喫煙者よりも禁煙する可能性がある」と同レポートの中で報告されている。

■学歴別の禁煙率

2009年11月に発表されたアメリカ疾病予防管理センターのレポートによると、25歳以上の喫煙者の禁煙率は、GED(大検)資格保持者の禁煙率が最も低く39.9パーセントであり、高等学校卒業証の禁煙率は48.8パーセント。

それに対する大卒・院卒の禁煙率は60パーセント以上であった。特に院卒の人の禁煙率は、1998年の76パーセントに比べ、2008年には80.7パーセントと大幅に上昇した。

この結果をうけ、同予防管理センターは「喫煙の害や禁煙について患者と話をするときは、教育レベルを考慮に入れるよう」と医療関係者に注意を促している。

個人の差を無視して、学歴と喫煙が関係すると決めつけてはならないが、なんともショックな内容のレポートだったとしか言いようがない。

参考:Cancer Facts & Figures 2013
http://www.cancer.org/acs/groups/content/@epidemiologysurveilance/documents/document/acspc-036845.pdf
Centers for Disease Control and Prevention. Cigarette Smoking Among Adults and Trends in Smoking Cessation. 2008
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5844a2.htm

関連リンク
妊娠直前や妊娠中でも、タバコをやめると未熟児のリスクが減る―デンマーク研究
女子に聞いた!一緒にいて嫌な友人の行動ランキング2位「どこでもタバコを吸う」
タバコのヤニで汚れた壁を重曹で綺麗にする方法
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ