Amebaニュース

化粧品を最後まで使い切る節約術―「チークにヴァセリンを混ぜてリップグロスに」

10/29(火) 11:54

元々小さな入れ物に入っているメイク道具を最後まで使い切るのは至難の業です。最後までしっかり使い切る方法を紹介します。

『固まり始めたマニキュア』には、除光液を数滴垂らしてよく混ぜましょう。あら不思議、さらさらのマニキュアに戻ります。残り少なくなったものには細い筆を使えば、ビンの底まで届きますよ。

『固まり始めたマスカラ』は、ドライヤーで温めたり、お湯にしばらくつけて温めてみましょう。固まっていたのが溶けてまた使えるようになります。固まったものがまた使えるようになっても、マスカラは3?6ヶ月で買い替えるようにしましょうね。古いマスカラは目の炎症の原因になります。

『残り少なくなった口紅』は、取り出して小さなピルケースかコンタクトケースに入れます。レンジに10秒入れて溶かし、その後冷蔵庫で再び冷やし固めると、持ち運び用の口紅の出来上がり。リップブラシが必要ですが、口紅を買い替えるより断然安いですよね。

『リップライナー』『アイライナー』は、メイクする時以外は冷蔵庫に保存すれば長持ちしますよ。

『残り少ないまたは落としてバラバラになったパウダーチーク』は、ヴァセリンと混ぜるとかわいいリップグロスに早変わりします。

『パウダーシャドウ』は、まぶたにまずヴァセリンを少し塗ってからつけてみてください、これまでより濃い色になって新鮮ですよ。

以上、これらの方法なら、あまり使っていなかったメイク道具も再利用できそうですね。

参考:10 Must-Read Tips On How To Make All Your Beauty Products Last
http://hellobeautiful.com/2013/10/14/10-tips-on-how-to-make-your-makeup-last/

関連リンク
その化粧品、消費期限切れてない?
知らないと白斑被害に遭っちゃう!美白化粧品の注意ポイントとは
何年使える?古い化粧品を使い続けると「肌トラブル」の原因に
マイナビウーマン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ