Amebaニュース

宮本亜門とゆずの北川悠仁が登場!舞台や楽曲にかける思いに迫る『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』

10月25日(金) 20:20

 異なる分野で活躍する2人の“達人”が出会い、語り合う『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』。しかし、単なる対談ではなく、番組の前半後半でゲストとインタビュアーを「スイッチ」しながら行うクロス×インタビュー!

 10月26日(土)は、「宮本亜門×北川悠仁(ゆず)」と題し、演出家・宮本亜門とフォークデュオゆずの北川悠仁によるクロストークを送る。

 今年9月にオーストリアのリンツ州立歌劇場(新館)で歌劇「魔笛」を演出をした宮本。モーツァルトの母国で、新劇場のオペラシーズン幕開けを飾る作品に、日本人演出家が起用されるのは前代未聞のこと。オペラの本場へどう切り込むのか、55歳の奮闘を密着取材した映像を見ながら、宮本が北川に挑戦の苦悩と醍醐味を語る。一方の北川は、ゆずとして今年後期の連続テレビ小説「ごちそうさん」の主題歌「雨のち晴レルヤ」を作詞・作曲。自分たちらしさを貫きつつも、依頼されたテーマに沿う曲を作るにはどうしたらよいのか……曲が生まれない時は下着を替えること以外自分にかまうことができなくなり、ヒゲ伸び放題の仙人面になるという。ヒロインがくじけそうになった時、そっと支える歌でありたいというテーマ曲制作の試行錯誤を語る。

 「舞台は一期一会だから最高なのだ」と言う宮本と、小学校の同級生とコンビを組み路上ライブから16年間「根強く」活動をしていると自負する北川。宮本の稽古場やゆずのレコーディングスタジオで、ひとつひとつの舞台や楽曲にかける思いを語り合う。

■『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』
2013年10月26日(土)22:00~23:00(NHKEテレ)

関連リンク
『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』公式サイト>>
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ