Amebaニュース

「さらば青春の光」続編製作か?

10月21日(月) 13:10

提供:
 英ロックバンド「ザ・フー」のアルバム「四重人格」(1973)を下敷きにした、1979年のイギリス映画「さらば青春の光」(原題はいずれも「Quadrophenia」)の続編が製作される可能性が出てきた。

 英情報誌Time Out Londonによれば、同作のプロデューサーでザ・フーのマネージャーでもあるビル・カービシュリーが、続編の脚本開発に着手しているという。

 「さらば青春の光」は、1960年代の英ロンドンとブライトンを舞台に、自分の道を模索する若者グループ、モッズとロッカーズの対立を描いたストーリー。カービシュリーは、続編では前作の10年後の1970年代を舞台に、主人公のモッズのジミー(フィル・ダニエルズ)のその後を描きたいと語っている。

 「さらば青春の光」は、2014年に公開から35周年を迎える。同作には、ポリス時代初期のスティングがモッズのエース役で出演している。

【関連記事】
ザ・フーのマネージャー伝記映画製作へ 英俳優C・エルウェスの監督デビュー作
リメイク版「レベッカ」に「ロイヤル・アフェア」ニコライ・アーセル監督
テリー・ギリアム監督作「バンデットQ」リメイクへ
J・カーペンター監督「ニューヨーク1997」リブートへ

写真提供:アマナイメージズ
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ