Amebaニュース

不倫をされた夫100人に聞きました 「それでも妻が好き」ですか?

10月9日(水) 18:55

満員電車に体を押し込み、愛する家族のためせっせと働くまじめな夫。その裏で妻は間男と逢瀬を重ねていた――。

パートナーに不倫された経験のある既婚男性100名を対象に浮気・不倫についてのアンケート調査が行われました。

きっかけはやはり携帯電話 調査によると、7割の男性が1か月以上たってから妻の浮気に気づいたという結果。なかでも6か月と答えたのが25%と多く、1年以上たって気づいたという人も13%いました。

浮気、不倫を疑うきっかけのトップは、やはり携帯電話(51%)。発着信やメールの履歴などに不審な点を見つけたのか、個人情報のかたまりである携帯電話から妻の浮気を感じ取ったようです。また外出・外泊を抑えて、2位には雰囲気(21%)がランクイン。長年連れ添った妻の異変をどことなく感づいたのかもしれません。

そうした違和感、不信感を実際に妻にぶつけるとどうなったのでしょう。直接、話した時の妻の反応の第1位は「認めた/謝罪」(46%)。「ふふん、私は上手くやり通せているわ」と思っていても、いざ追求を受けてしまうとおよそ半数の人が認めざるを得なかったようです。ただ、「認めない/開き直り」(29%)、「とぼける/ごまかす/泣く」(17%)と修羅場を迎えても何とか乗り切ろうとした人も少なくないようです。

発覚後、夫婦の愛情が深まったのはなぜ? さて妻の浮気が発覚して、夫婦の関係はどうなったのでしょうか。

調査によると、「悪くなった」(49%)が最多ながら、「変わらない」(41%)が意外な健闘。さらには「前より良くなった」(10%)という回答も寄せられました。

追求した際、妻がすぐに認めて謝罪したケースのうち、24%が「夫婦関係が前より良くなった」としています。なかには「愛情が深まった」とする夫もいたようです。

どうやら罪を犯してしまったとしても、自らの非を認めて真摯に謝ることが関係修復の近道なのかもしれません。

※アンケート調査はMRが、浮気、不倫された経験のある既婚男性100人を対象に行ったもの。

関連記事
映画「蠢動 -しゅんどう-」/三上康雄監督インタビュー「高い理想などない。自分が観たいものを撮っただけ」
これはホテルかテーマパークか? 凄すぎる「列車旅」特集 2013
【大幅プライスダウン】ミッシェルジョルダンの時計、トリーバーチがお買得!(2013/10/14~10/20)
最新インド映画を一挙上映 「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」11日開幕 
映画「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」/西島秀俊「日本と韓国のスタッフが泣きながら握手。感動的な体験」
東京バーゲンマニア

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ