Amebaニュース

ディズニー「101匹わんちゃん」の悪女クルエラが主人公の実写映画製作へ

10月4日(金) 11:45

提供:
 米ウォルト・ディズニーのアニメ映画「101匹わんちゃん大行進」(1961)に登場する、ダルメシアンの子犬で毛皮を作ろうとする悪女クルエラ・デ・ビルを主人公にした実写映画「クルエラ(原題)」が製作されることになった。

 米ハリウッド・レポーター誌によれば、「プラダを着た悪魔」や実写版「シンデレラ」の脚本を手がけたアライン・ブロッシュ・マッケンナが、本作の脚本家に起用されたという。

 「101匹わんちゃん大行進」に関しては、過去にも実写映画「101」(1996)と続編「102」(2000)が製作されており、いずれもグレン・クローズがクルエラ役を演じている。新作のキャストは未定。

 なお、ディズニーのアニメ映画の悪役といえば、「眠れる森の美女(1959)」に登場する魔女の物語を、アンジェリーナ・ジョリー主演で実写映画化する「マレフィセント(原題)」も進行中で、2014年5月の全米公開が予定されている。

【作品情報】
101匹わんちゃん大行進

【関連記事】
映画史に残る悪役50人 米誌が選出
アンジェリーナ・ジョリー主演「マレフィセント」、全米公開が前倒しに
映画版「イントゥ・ザ・ウッズ」ラプンツェル役が決定 主要キャスト固まる

写真提供:アマナイメージズ
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ