Amebaニュース

家入レオ、11月リリースの新曲がフジテレビ系月9ドラマ主題歌に!

9月13日(金) 15:00

提供:
家入レオが11月6日にリリースする新曲「太陽の女神」が、フジテレビ系月9ドラマ「海の上の診療所」主題歌に起用されることが決定した。

【その他の画像】家入レオ

今回、初の月9主題歌を担当することになった家入は「素直に、嬉しかったです。『101回目のプロポーズ』『東京ラブストーリー』『ロングバケーション』など、私自身リアルタイム世代ではありませんが、それでも、タイトルや内容を誰もが知っているドラマを世に送り出し、時代を新しいものにしてきた月9の主題歌を担当させて頂けるということで、私も高校を卒業したこのタイミングで新たな一面を感じてもらえるように頑張ろう、と思いました。」とコメント。

ドラマの持つ大きなテーマ「出逢いと成長」をもとに、家入自身が今春社会人を迎え新たな自分と出会えるように、そして成長していくために、と、新しい自分の可能性・感性を模索する形で言葉や思いをイマジネーションしながら主に作業を進めていった。タイトルは、ドラマの舞台となる瀬戸内海の海を修学旅行のバスの中から眺めたときの"太陽が海をキラキラと照らしている、その綺麗な光景"と、"大切なものは相手を輝かせる"、という思いを重ねてつけたとのこと。「自分にとって"太陽の女神"とは、何も言わずに、そっと、道を照らしてくれる、そんな大切な存在のような気がします。自分が、大切な人に今、どういう考え方で、どう接しているのか、そんな風に向き合ってもらえるような楽曲になれば、と思います。」と、この楽曲に秘めた思いを語っている。

シングルは初回限定盤とCDのみの通常盤の他、完全生産限定盤として2ndワンマンTour ~Kimi ni Todoke~限定オフィシャルグッズ「トートバッグ」が付属するスペシャルバージョンも制作される。

また、家入自身2度目となる今回のワンマンツアーは、は11月15日からスタート。「今年1月からやらせていただいた1stワンマンツアーでは"真っ直ぐ音楽を届けたい・届けよう"、そんな思いが強かったんですが、一度ツアーを経験したことで、"会場のみんなとひとつになること、それだけでいいんだ"、そんな風に少し肩の力を抜いて今回は望めると思います。」と、抱負を語っている。

■シングル「太陽の女神」

2013年11月06発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-593/¥1,800(税込)
【通常盤】(CD)
VICL-36839 /¥1,200(税込)
【完全生産限定盤】(CD+限定オフィシャルグッズ「トートバッグ」付)
VIZL-614/¥1,980(税込)

■家入レオ&プロデューサー藤野良太 コメント

【家入レオ コメント】
■楽曲「太陽の女神」について
「太陽の女神」は、ドラマのお話を頂いて、脚本、台本を読んで作っていきました。これまでは、頂くテーマに、自分を重ねることが多かったのですが、今回のドラマのテーマは「出逢い・成長」。私自身、今年の春に高校を卒業して社会人になってからの初めての書き下ろしだったからこそ、今までの私とは一味違う自分を表現することがすでに新しい出逢いそのものだし、自分の成長にも繋がっていくんじゃないか、そんな期待を込めて制作しました。
タイトル「太陽の女神」は、今回のドラマの舞台・瀬戸内海へ(福岡在住時代に)行った修学旅行のバスの中から眺めたときの忘れられない程の"太陽が海をキラキラと照らしている、その綺麗な光景"と、"大切なものは相手を輝かせる"、そんな思いを重ねて付けました。自分にとって太陽の女神とは、何も言わずに、そっと、道を照らしてくれる、そんな大切な存在のような気がします。自分が、大切な人に今、どういう考え方で、どう接しているのか、そんな風に向き合ってもらえるような楽曲になれば、と思います。

■月9ドラマ主題歌を担当することについて
素直に、嬉しかったです。「101回目のプロポーズ」「東京ラブストーリー」「ロングバケーション」など、私自身リアルタイム世代ではありませんが、それでも、タイトルや内容を誰もが知っているドラマを世に送り出し、時代を新しいものにしてきた月9の主題歌を担当させて頂けるということで、私も高校を卒業したこのタイミングで新たな一面を感じてもらえるように頑張ろう、と思いました。
ちなみに私の月9デビューは、2004年に放送されていた織田裕二さん主演の「ラストクリスマス」です。過去に見ていたドラマを思い出す時、内容は勿論ですが、その頃、自分が何をしていたのかも一緒に甦るのって、本当に素敵です。私も、そんな音楽を作っていきたいです。

【プロデューサー藤野良太 コメント】
このドラマのテーマは“出逢い"です。“人は人と出逢うことで変わってゆく"ということをドラマの根底のテーマにしています。
瀬戸内海の病院船を舞台としたこのドラマの主人公の医師は、島を巡る度にマドンナに出逢い、恋をし、そしてフラれます。主人公とマドンナはもしかしたらもう2度と逢うことがないかもしれませんが、主人公の医師と出逢ったことで、マドンナは自身が抱えていた問題を解決し、未来の自分に向かって1歩を踏み出すことができるのです。
家入レオさんは圧倒的な歌唱力を持たれている10代の歌手です。今を生きる10代の天才アーティストに、ドラマのテーマである“出逢い"というキーワードで曲を作っていただきました。どのような作品が出来上がるか非常に楽しみにしていましたが、完成した楽曲はこちらの期待を上回る素晴らしいものでした。風光明媚な瀬戸内海の島々の映像とこの曲は素晴らしい相乗効果をもたらしてくれると思っています。

■「家入レオ 2ndワンマンTour ~Kimi ni Todoke~」

11月15日(金) 名古屋ダイアモンドホール  
11月23日(土) 福岡Zepp Fukuoka  
11月28日(木) 東京Zepp DiverCity  
11月29日(金) Zepp Namba

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルサイト
家入レオ、初出演の「J-WAVE LIVE」で11,000人のオーディエンスを魅了!
家入レオ、ワンマン・ツアー開催に続いて今年も学園祭ライヴ出演決定
家入レオ、「ROCK IN JAPAN FES.2013」で10,000人を動員!
OKMusic

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ