Amebaニュース

サポートが終了する「Windows XP」からの乗り換え支援でバッファローとAOSが協業

8月29日(木) 18:38

提供:
サポートが終了する「Windows XP」からの乗り換え支援でバッファローとAOSが協業 株式会社バッファローとAOSテクノロジーズ株式会社は29日、2014年4月にサポート終了が発表されているMicrosoft「Windows XP」からの、法人ユーザー向けの後継OS移行支援を協業すると発表した。

発表によると、今後本格化が予想されるOSアップグレードやパソコンの入れ替えなどの環境移行を、両社の製品で構成した環境移行ソリューションで行うよう、企業や官公庁、学校などの法人ユーザー向けに提案していくという。

環境移行ソリューション構成製品としては、AOSのパソコン引越しソフト「ファイナルパソコン引っ越しenterprise edition」やバッファローのビジネスNAS「テラステーション」「リンクステーション for SOHO」、両社共同企画の環境移行ソフトウェア「ファイナルパソコンデータ引越し9プラス」添付ポータブルハードディスク「HD-PCHU3シリーズ」(容量:1TB、500GB)が用意される。


発表資料

発表資料
URL:http://buffalo.jp/product/news/2013/08/29_01/?pr=t130829
2013/08/29


■関連記事
NTT Com、月額980円で下り最大112.5Mbpsのモバイルデータ通信サービスなどを提供 (2013.8.29)
講談社、週刊モーニングが月額500円で読めるAndroidアプリをリリース (2013.8.29)
“駅”でのスマホのつながりやすさ調査--エリア比率や通信速度共にau Androidが首位 (2013.8.29)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ