Amebaニュース

茂木健一郎氏 「禁煙学会のやつらって、人間としてタコ」

8月16日(金) 13:27

 宮崎駿監督の5年ぶりの新作劇場映画、スタジオジブリ製作の「風立ちぬ」が公開から23日間で累計動員450万人、興収55億円をそれぞれ突破し、大ヒット上映中を記録しているところだが、その「風立ちぬ」内で頻出するタバコの描写に対し、NPO法人・日本禁煙学会が、8月12日付で制作担当者へ要望書を公開し、議論をよんでいる。

同学会は「教室での喫煙場面、職場で上司を含め職員の多くが喫煙している場面、高級リゾートホテルのレストラン内での喫煙場面など、数え上げれば枚挙にいとまがありません」と具体的にシーンを列挙し、主人公が病室で結核患者の妻の横で喫煙するシーンや、学生が“もらいタバコ”をするシーンを特に問題視しながら「さまざまな場面での喫煙シーンがこども達に与える影響は無視できません」などと苦言を呈す。

 これに対して脳科学者の茂木健一郎氏(50)は、

「って言うか、宮崎駿さんや、スタジオジブリのみなさんが精魂込めてつくった映画に対して、『煙草吸いすぎ』という陳腐なイチャモンしかつけられない禁煙学会のやつらって、人間としてタコだよね。ほんと、腹立つわ」

と怒りをあらわに。

 茂木氏の言葉にも賛否両論が寄せられているが、氏は

「結論。禁煙を推進したい人は、自身で広報活動、Public Relationsに精を出せばよい。誰もそれを止めない。しかし、他人が作った映画の表現、違う時代の場面の描写にまで口を出す権利があると思うのは、勘違い。禁煙ファシズムだと言われても仕方がない。この件については以上」

と言い切り、Twitter上でこれ以上の議論はしない構えをみせた。

【関連記事】
茂木健一郎 ツイッター
茂木健一郎氏 勉強法を伝授「根拠のない自信持て」
綾小路翔 PJ取締役・野口美佳氏の豪華結婚式を公開
篠田麻里子 ジブリのレアグッズに大喜び
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ