Amebaニュース

『藁の楯』の幼女連続殺人鬼を熱演した藤原竜也、「あれは演技ではないですよ。わりと素」と暴露!?

5月2日(木) 18:00

『藁の楯』の幼女連続殺人鬼を熱演した藤原竜也、「あれは演技ではないですよ。わりと素」と暴露!?
第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に公式選出された映画『藁の楯』の舞台挨拶が27日都内劇場で行われ、主演の大沢たかお、共演の松嶋菜々子、藤原竜也、三池崇史監督らが登壇した。


漫画家であり、自身も映画監督である木内一裕氏による同名小説を、鬼才・三池崇史監督が、邦画とは思えぬスケール感と表現を交えて完全映画化した。

10億円の賞金が懸けられ、全国民から命を狙われる幼女連続殺人犯・清丸(藤原)を警視庁に移送するため、身辺警護を務めることになったSPの銘苅(大沢)と白岩(松嶋)の葛藤を描く。


自身初のSP役に松嶋は「拳銃の構え方や身のこなしはすぐに身に付くものではないので、長時間をかけてトレーニングをして、本物のSPに見えるように努力しました」とこだわりの役作りを明かした。


チェーンで頭を殴られる衝撃的シーンでは「監督から『こんなのやりたくないわ』という感じで痙攣してと言われました。もちろん、そんなことは微塵も思っていませんが、という気持ちで挑みましたけど」と熱演を振り返った。

幼女ばかりを狙った変態連続殺人犯役の藤原は「難しい役柄でしたが、三池監督と組めるのが楽しみだったので、期待して現場に入りました」と極悪キャラに挑戦した理由を説明。


SP役の大沢と松嶋には「とても暑くて長い期間の撮影でしたが、途切れることのない集中力を発揮してくれたので、とても頼もしかった」と難役を務める上でのサポートに感謝していた。

しかし三池監督は、藤原の極悪演技に関して「あれは演技ではないですよ。わりと素。お酒が入ると大体あんな感じ。どこかの街で見かけても、気軽に声をかけない方がいい」ときついジョーク。

それでも「人間は他人と違う自分を隠しているはず。それを上手く豊丸というキャラに結び付けていくという行為は、俳優にとって必要な能力」と藤原の役者としての才能を称賛していた。

映画『藁の楯』は全国公開中
・公式サイト

【関連記事】
強烈なインパクトの先生っていた? 『フランケンウィニー』ティム・バートン監督インタビュー
『世界にひとつのプレイブック』ブラッドリー・クーパーにインタビュー
日本人女性と恋に落ちる准将を演じる。 『終戦のエンペラー』マシュー・フォックス インタビュー
ウィル・スミス、愛息子に父親としての威厳を見せつける「ギャラだって僕の方が高い」
ウーマンエキサイト

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ