Amebaニュース

日本人の英文法ミス1位はtheの書き忘れ! - aとの書き分けも苦手

7月21日(日) 9:18

Ginger Software Incは、学習アプリ付き英文チェッカー「Ginger(ジンジャー)」を利用する日本人ユーザー70,000人を対象に、英文ライティングで間違えやすい文法について利用データを分析した。調査期間は4月24日~7月2日。

同社では、月間100万人を超えるアクティブユーザーのうち、リリース後10週間に同アプリを使いはじめた日本人ユーザー70,000人の、”修正された文法ミス”(1億件)を分析した。

1位となったのは「定冠詞”the”の書き忘れ」。20.2%が間違っており、日本人ユーザーは”a”と”the”が苦手なことが分かった。なお、書き忘れ、書き間違いは、文法ミスの3割を占めるという。

また、2位「普通名詞と固有名詞の使い間違い - ”earth”と”Earth”など(19.2%)」、3位「不定冠詞”a”, ”an”の書き忘れ(11.0%)」、4位「”everyday”や”every day”など複合語の使い方(10.3%)」、5位「”from””into””with”など前置詞の選択(8.1%)」となり、2割が普通名詞と固有名詞の使い分けミス、1割が複合語と前置詞の選択ミスをしていることが分かった。

なお、自然言語処理および統計分析の専門家である創業CEOヤエル・カロブ氏は、データから読み取れる文法間違いの傾向について「”the”を使い忘れたり、固有名詞を大文字で書くのを忘れてしまったりするのは、日本人に限ったことではなく、英語を母国語としない人たちにとっては共通の間違えやすいポイントだ」と分析している。

【拡大画像を含む完全版はこちら】



転職したい人の50%がTOEICを受験! 仕事で英語を使う人は約3分の1
TOEIC Bridge - TOEICの初級学習者向けテストのこと知ってますか?
83.8%の親が「子どもがグローバルに活躍してほしい」 - レアジョブ調査
同時通訳者が薦める英会話のポイントは、「イメージ力」と「レスポンス力」




マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ