Amebaニュース

「若さ」に執着!?「無理しすぎ〜!」と言いたくなるイタい女子の特徴

5月23日(木) 22:45

提供:


アラフォーN先輩は「若さ」への執着がすごく、老いに恐怖を感じています。でも、年齢に逆行する外見や中身とのギャップは、埋まるどころか見る者に気を遣わせ、恐怖すら感じさせています。

みなさんの周りにもいませんか? また自分が「若作りしすぎ〜!」なんて思われていませんか? そこで今回は、「無理しすぎ〜!」と言いたくなるイタい女子の特徴をご紹介します!

■後ろ姿は20代、説教はおやじ部長!

ひざ上20センチの、真っ白なふんわりスカートで出社するN先輩。後ろ姿と正面からのギャップがスゴすぎです。

仕草まで徹底すればいいものの、ふんわりミニスカで、耳にペンを刺し、深く椅子にもたれて後輩に支持する姿はもはや部長クラス。目が悪いのか家に鏡がないのか、またはその両方かもしれません。

■濃いメイクに派手なネイルでひとりバブル!

流行りの赤リップやブルーシャドーも、大人が本気で使うと、漂うのはオシャレな"ヌケ感"ではなく"バブル感"です。

凶器のような派手派手ネイルで、缶を「空けて〜」と頼めば、血が滲んでも自分で空けるハメになります。

■若者言葉は綿密に計画して使用!

「お前ガチで死ねしー」。今だ! ここだ! と計算されたかのように不自然に大声で叫ぶN先輩。「ていうか」と切り出して怒ってみたり「おこだぞっ」と怒ってみたり、N先輩のチャレンジは続きます。

しかし、若者言葉を使う前の沈黙で、周りに「使うぞ...使うぞ...」と悟られていることは知らないようです。

真の美魔女は、必死に年齢を逆行しようとはしないもの。年齢を重ねることを受け入れながら、自分に合った美しさを追究しているのです。

若作りを必死にしてしまうのは、内面の幼さが、外見だけ成長していく自分を許せないからかもしれません...。

みなさんも、あまりにも年齢に合わない格好をしてしまっていないか、チェックしてみてくださいね。

photo by Thinkstock/Getty Images


(ボディデザイナー/大西マリコ)

■ あわせて読みたい

「体のゆがみ」改善で生理痛もなくなる!? セルフチェックをしてみよう
男性が求める「香り」って? なりたい自分別で選ぶマイフレグランス
自己紹介のしかたがグ~ンとかわる? ネガティブな「自分のイメージ」を変える方法
ごはんソムリエが伝授! 肌力アップのお米の食べ方


Glitty

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ