Amebaニュース

売れ残る女 あの娘が結婚できて私が結婚できない理由

2月26日(火) 10:00

提供:
独身女性が一番許せないことは、自分より先に女友達が幸せになること! 友達の結婚報告を聞かされる女子なら誰でも味わう焦燥感と敗北感。

 「なんであの子が結婚できて私が結婚できないわけ?」
 「私が取り残されるなんておかしい」
 「また先を越された」
 「なんであんな取り柄もなにもない子が?」
 「どうみたって彼女よか私が見劣りしているとは思えない……」

前記事では“そこそこ綺麗なのにもかかわらず売れ残っている女性が結婚に至るために必要なものを書いたが、今回「こんな女いるいる!」貴女の周りにいる“結婚できない女の特徴”や“どんな女が結婚できないか”を30代/40代の女性たちにリサーチ!

とにかく自分が一番・姫体質な女
飲み会や合コンでは必ずといっていいほど、ちゃっかりといい席を取る。命令や指図するのが大好きで、自分では動かないが、口を出す。または人に任せておきながらあとで文句や意見を言うタイプ。
人を小馬鹿にしているような雰囲気を醸し出しており “なんでも知ってる”ような態度をとる。自分が輪の中心なりたがったり、チヤホヤされたくてしかたない。とにかく自分が一番! 人の話や意見は聞こうとせず自分の意見は絶対曲げない。

人に合わせるということは姫体質の女の辞書にはない。姫ならば守られるべきはずなのにいつまでたっても王子は現れず守ってもらえない。

いい年をして“青春”してる女
オタク的なくらいに趣味や好きなことに没頭していると一人でも平気になってしまうもの。スポーツクラブやランナーなど趣味仲間でいつの間にかそこでロマンスが生まれる人は問題ないが、異性と同じ趣味や時間を共有しても全くロマンスが生まれない女は売れ残る。
仲間の雰囲気を壊したくないとかそういう変なところにこだわったり、いつもみんな一緒に団体行動。グループ化したりいつも同じメンバーで集合していると“青春”はできるが異性として見られないまま独身に終わる。

素直じゃない女・男性から誘ってもらうための行動ができない女
男に媚を売る、甘える・愛想よくすることは“悪”だと思っている。巻き髪やエクステやつけまバッチリ系、男性の前でぶることが自然にできたり、エセ女子力を身に着けている女……流行には敏感でも仕事には鈍感、そういう女は自分の敵でありそういう類の女と一緒にされるのはごめんだと、わざと女を捨てて振る舞う。男ウケするファッションや行動はあえてしようとしない。

自分のことは棚に上げてなんでも「無理」という女
「この人!! と思える人に出会えない」「いい男いないのよね」「男としてみれない」
「会ってはみたけどなんかピンとこないのよね」
が口癖。

お見合いパーティや婚活イベントを渡りあるき、婚活ジプシーで終わる。若い頃なら“相手のことが好き好き!”とゆう感情だけで、何も考えず結婚に踏み切れたかもしれないが、歳を重ねるにつれ、相手だけでなく、それをとりまく環境や条件(相手の収入、相手の親や家族構成……)などいろいろ値踏みしてしまい、「やっぱ無理!!」と言って、それを幾度となく繰り返し現在に至る。

現実にはいない妄想王子を追いかける女
タイプじゃない男性からのアプローチは徹底して無視する。ストライクゾーンが狭すぎて(心が狭すぎて)婚期を逃し、タイプの男が周りにいないからと韓流スターやアイドルを追っかけたり夢中になる。現実を見ようとしない。

負けん気が強い
仕事である程度キャリアを積んでしまい、男性に強くしか接することができない。意見するときも喧嘩腰。人の間違いを許せずすぐ訂正や否定する。ダメ出しが得意で男は閉口するしかない。所謂お局様や更にその上を行く男性の部下を従えるやり手女子。

ドラマみたいに弱いところや自分の失敗や人間味を見せればいいが、それが性格的に出来なかったり恥ずかしいとこなど見せられない完璧主義だと完璧に行き遅れる。おふざけが下手な堅物女子、軽口が叩けないので男だけでなく周りとのコミュニケーションがとれない。

「誰でもいい」とハードルを低く設定している思い違い女
「理想?そんなのない。だた単に好きになる人が現れないのよ」
「自分がちゃんと好きになりたいの」
「条件?そんな我儘いわない。私が好きにさえなれればいいの……」
と言っているが実は相手に好きになってもらえないだけ。
男から誘ってもらえないだけ。
私が好きになれる人を待つ……のでなく“好きになってもらえる女”を目指すべき。

エコすぎる地味な女
お昼はお弁当持参。節約上手で倹約家。趣味はもしかして貯金? 服や美容に殆ど興味なく、外見にはあまり気を使わない。流行に流されないのは長所でもあるが着飾ることをしない。また無駄毛処理や爪などのお手入れを怠っている。
好奇心や冒険心など皆無なので自分のテリトリーから出ようとしない。行動範囲は、家と会社の往復のみ……少しはエネルギーを消費しお金も消費したほうがいいんんじゃないか?と思うほど慎ましく暮らしている。

彼氏がいない歴が長すぎ一人暮らしが長すぎて「ひとりに慣れてしまった女」
一人暮らしが長すぎて他人と住むことが考えられなくなってきている。自分の酷い姿やだらしないトコを見られたくないし、日常生活で人に気を使うのが面倒くさい。裸や下着姿でウロウロを自由奔放に歩き回ることにも慣れてしまっている。
「他人に自分の生活のペースを崩されたくないの」「自分の時間が大事」などという女はもういまさら人に合わせることなどできないのである。

キャラ立ちすぎ
『私の個性を分かってくれる人が何処かにいる!』などととっても前向きだけど周りからは引かれているタイプ。また“自分らしさを大切に”がコンセプトであり「私はこういう女よ」と“自分ブランド”を立ち上げてそれを押し付けている。残念なことに日本人はそんなに個性に特出した民族じゃないです。特に結婚においては個性など求められない!

またキャラがとんがりすぎている人はたいがい『自分を折れない頑固者』と取られ、男はおろか女友達も少ない。(注:芸能関係とか職種によるキャラ立ちのものは除く)
一般人は多くがこのキャラ立ちを“たったひとりの私”とか“個性が大事”と勘違い。

……どうだろうか?
「フツーに結婚するものだと思ってたのに、振り返ってみると一人だった……」
なんてことにならないように早めの対処や修正をしよう。
(神崎桃子)

【関連リンク】
一人の時間が楽しくて、結婚できない!?(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース
突然不機嫌になる女に対処できない男(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース
結婚できないのは誰のせい?(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース
結婚が出来ても離婚はできない女達 「私が離婚できない理由」(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース
“結婚できない女”と“結婚しない女”(LAURIER(ローリエ)) - エキサイトニュース
LAURIER PRESS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ