Amebaニュース

アーユルヴェーダ式美顔ヨガ+体質別エイジング対策でほうれい線を予防

2月14日(木) 0:00

アーユルヴェーダ式美顔ヨガ+体質別エイジング対策でほうれい線を予防
かわいく笑ったつもりなのに、その口元にくっきりとほうれい線が出現。いったいどうやってケアしたらいいの?

「ほうれい線が表れるのは、顔の筋肉が衰えて頬がたるむのが原因。ほうれい線の出現を防ぐには、顔の筋肉を鍛える『美顔ヨガ』を行うのがいいでしょう」

こう教えてくれるのは、アーユルヴェーダの博士号を持つヨガ講師のニーマル・ラージ・ギャワリさん。美顔ヨガとは、普段あまり動かさない顔の筋肉を鍛えるもので、1日10分、1週間続ければ、効果が実感できるメソッド。ほうれい線を予防するなら、次の美顔ヨガがおすすめ!

(1)鼻から息を吸って、両頬いっぱいに空気を入れる。
(2)頬の空気を左頬に全部移動させ、左頬だけを膨らませて3〜4秒キープ。
(3)右頬に空気を移動させて、3〜4秒キープ。
(4)息を止めたまま、(1)〜(3)を3回繰り返す。
(5)鼻から大きく息を吐き出す。以上を5セット繰り返す。

また、ほうれい線やシワ、たるみを防ぐためには、体の老化そのものを遅らせることも大切。自分の体質に合わせて、次のようにライフスタイルや食生活を見直してみよう。

●汗っかきで血圧が高い、口が渇きやすいといったタイプ
体の熱が老化を促進する傾向があるので、熱を取る果物や生野菜を多く摂るようにして。

●体脂肪が多めで運動が苦手、朝むくみやすいといったタイプ
だらだらとなまけてしまうと、老化が進んでしまうかも。適度に筋肉を鍛えつつ、タンパク質と脂質を摂りすぎないように注意して。

●筋肉、体脂肪ともに少なめ、冷え性、心配性、睡眠時間が短め、乾燥肌といったタイプ
血流が悪く、体内に十分な栄養が行き届いていない可能性が。バターやチーズ、炒めた野菜など、油分のある食事をしっかり摂るように心掛けて。

●貧血気味で血圧低め、人前に出るのが苦手、混合肌といったタイプ
早起きを習慣づけて朝に散歩をすると、体調が安定して老化予防にもつながる。食事面では、緑黄色野菜と良質の油、代謝を促すショウガなどを取り入れて。


ライフスタイルを改善すれば、1日10分の美顔ヨガの効果はさらにアップ。体の中からキレイをめざして!


ネパール出身。ヨガアシュラムジャパン主宰、ニーマルヨガ創設者。アーユル
ヴェーダカウンセラー、自然療法アドバイザー。祖父の元で9 歳からヨガの研
鑽を積む。ハタヨガと自然療法を学び17 歳に学位、22 歳で博士号を取得。2003
年に来日し、2007 年アーユルヴェーダサロンを併設したヨガスタジオを東京白
金台に、著書に『美顔ヨガ』(小学館)。



【関連記事】
アーユルヴェーダ式の秘伝“美顔ヨガ”なら、1週間でうるツヤ美肌に!
水をたくさん飲めば痩せる、はウソ!?水分の摂りすぎは脂肪燃焼の妨げに
相手の気持ちを見抜きたいなら、名刺入れや手帳の色をチェックして!
オズモール

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ