Amebaニュース

「さよならドビュッシー」主演・橋本愛が語る、共感の恋愛観と「やっとちゃんと生まれた」2012年

1月24日(木) 16:00

 「貞子3D」(12)でのタイトルロールとなる貞子や、青春映画の新たな傑作として話題を呼んだ「桐島、部活やめるってよ」(12)でのヒロイン役など2012年は出演作が相次ぎ、一躍注目度を高めた橋本愛。2013年第1弾として届いた主演作「さよならドビュッシー」(1月26日公開)では、火事で全身に大火傷を負いながらピアニストになる夢を追う難役を熱演している。自身にとっても大きな変化のあった2012年、演技観から恋愛観、そして人生観まで、橋本がその感性を余すところなく語った。

「さよならドビュッシー」主演・橋本愛インタビューフォトギャラリー

 原作は「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した中山七里の同名小説。「月の光」や「アラベスク」といったドビュッシーの名曲に彩られながら、橋本演じる少女・香月遥を巡って謎が展開される。

 「原作は2年くらい前に本屋で見掛けて、ちょうどドビュッシーが好きだった時期に見つけたので、『あ、ドビュッシーだ』と思って、でもそこで読みはしないでこういう形での再会だったので、『この原作ってこういう話だったんだ』って、こういう展開がガラッと変わる話は個人的に好きだし、楽しませてもらいました」。

 橋本が演じた遥は火事に見舞われ、祖父と従姉妹を同時に失い、自らも大火傷を負う。そして、その後遺症で体は自由を失い、喉まで達した火傷で最初は声を発することもできない。

 「実際に喉を火傷したことはありませんし、自分の経験から引き出して演じるというより今回はほとんど想像でのお芝居だったので、それがすごい難しかったというか、エネルギーは必要でした。自分が知らない感情だったり、その感情を抱くまでのルーツが私にないところばかりで自分を重ねるということはできなかったので、遥という少女を一から生まなければいけない感じでした」。

 劇中では“クラシック界の貴公子”と呼ばれ、本作が俳優デビューとなる清塚信也演じるピアノ教師・岬洋介との恋愛的要素も描かれる。岬のような芸術家肌の男性は恋愛対象としては「出会ったことがないから分からないです(笑)」とした橋本だが、遥が恋愛的感情を抱くプロセスについては共感するところがあったという。

 「遥は身の周りにいる男性が家族以外ではこの人しかいなくて、一番魂に近いところにいてくれて、すごく狭い世界で生きているじゃないですか。だから根本的に好きになっちゃう、すごく必然性のある恋愛だなと思いました。私の場合は大体気がついたら知らない間にということが多くて、だからすごく分かります(笑)。“こういうところが好きだから好き”“こういういいところがあるから好き”っていうより、“好きだから良いところを知っている”みたいな、そういう恋愛の仕方だと思います」。

 作中では遥が亡き従姉妹との約束を果たさんとピアニストを目指し、それが遥を支え、救いともなっていく。

 「何に対しても“好き”っていう感情が救いでもあるし、愛情ってやっぱり一番生きる理由だし」と語る橋本にとって、昨年はその「好き」な対象と真に出会えた大きな1年となった。

 「ちょうど1年前にやった『桐島、部活やめるってよ』で出会ったキャストさんにとても影響を受けました。作品や演じるということに対しすごく愛情で溢れていたので、私もちゃんと演じることに向き合い、好きになった上でやらないと失礼だと思って。逃げることもやめることもできたけど、やっぱり共演者の方たちがすごく素敵だったし、好きになる要素がいっぱいあった作品だったからできたんだと思います」。

 そんな1年を評して「やっとちゃんと生まれたっていう感じです」と橋本は言い、難産でした? と問うと、「3年ぐらい遅かったんですよね」とはにかんだ。

 最後に「人によっては見終わった後、ちょっとした救いを感じる方もいらっしゃると思うし、何かしら得るものがある作品だと思いますので、ぜひ映画館で観ていただきたいです」と「さよならドビュッシー」を自身の言葉でPRした橋本。今後は「スクリーンを通してお客さんと一体になるとか、解け合うことをしていきたい」と語るが、今年も出演作が目白押しであり、様々な役柄でそれを叶えてくれそうだ。

 「さよならドビュッシー」は1月26日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー(取材・文・写真:しべ超二)

 メイク:宇賀理絵
 スタイリスト:瀬川結美子

■関連記事
宮崎あおいやエリカ様、AKB48や橋本愛まで“夏は花火とアイドルホラー”
高橋優の生歌は「トリハダもの」、神木隆之介が大絶賛
山崎賢人「初めての体験ばかり」、主演した学園ホラー「アナザー Another」を語る
本人と役が入り混じるドキュメンタリーCM 「桐島、部活やめるってよ」TVスポットが公開
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ