Amebaニュース

7と違いすぎる! 「Windows8」を元の使い勝手に戻すフリーソフト3本

12月4日(火) 17:30

7と違いすぎる! 「Windows8」を元の使い勝手に戻すフリーソフト3本
みなさん、Windows 8使っていますか? 僕、最近Windows 8を使い始めました。
Windows 8の特徴といえば、タブレットPCのように画面を直接タッチして使うのに適した「モダンUI」と、従来のWindowsの感覚で使える「デスクトップUI」の両方が使えることでしょう。「デスクトップUI」が使えるのならば、Windows 7から乗り換えてもそれほど違和感なく使えるはず。そう僕は思っていました。そう、実際に使うまでは……。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

しかし、現実は甘くありませんでした。「モダンUI」はいいんです。まったく新しいインターフェイスなので、触って覚えるしかありません。画面タッチの操作に慣れてしまえば、快適に使えます。

でも、やはり長いことWindowsを使ってきた身としては、慣れ親しんだ「クラシックUI」で使いたい。必然的にこちらの使用頻度が高くなってしまいます。

いや、それはそれでいいんです。自分の使いやすいほうを使えばいいんです。しかし、この「クラシックUI」がなかなかのクセモノ。一見Windows 7のような顔をしていますが、細かいところがWindows 7ではありません。Windows 7にはあったのに、Windows 8にはない機能なんかもあります。

おそらく、このように困っている人は僕だけじゃないはず。そこで、Windows 8の「クラシックUI」をちょっとだけWindows 7のようにできるフリーソフトを3本ご紹介しましょう。この3本をインストールするだけで、「クラシックUI」が使いやすくなること間違いなしです。

●消えてしまった「スタート」ボタンを復活させる「Classic Shell」

Classic Shell
ibeltchev 無料

Windows 8の「クラシックUI」でもっとも戸惑うのが、Windows 95時代からあった「スタート」ボタンが消えてしまっていることです。Windowsを使うときは、画面左下にマウスカーソルを当てて「スタート」ボタンをクリックするのがお約束だったはず。しかし、その「スタート」ボタンがない! これでは、ソフトの起動もエクスプローラの起動も、思うようにいきません。

そこで「Classic Shell」。このソフトをインストールすると、「スタート」ボタンが復活します。まずは最初の設定で「スタート」ボタンのデザインを選択。3種類から選ぶことができます。

「Classic Shell」をインストールすると、「クラシックUI」のタスクバー左に「スタート」ボタンが表示される。


設定画面で「スタート」メニューのデザインが選択できる。

もちろん、「スタート」ボタンをクリックすれば、いつもの「スタート」メニューが表示されます。これで、もう迷うことなくWindows 8が使えそうです。


Windows 9x風の「Windows Classic」。シンプルな「スタート」メニューだ。


「Windows XP」風の「スタート」メニュー。2段表示になっている。


「Windows Vista/Windows 7」を選択すると、このような「スタート」メニューに。洗練されたイメージだ。

なお、「Classic Shell」にはそのほかにもいろいろな機能があります。そのなかでも、Widnows 8起動時に表示される「メトロUI」をスキップする機能がオススメ。基本的に「クラシックUI」がメインという人は、この機能も有効にしておくといいでしょう。


設定画面の「Basic Settings」から「Skip Metro screen」にチェックを入れておくと、Windows 8起動時に「メトロUI」が表示されずに直接「クラシックUI」が表示される。


●ワンクリック・ワンタップでWindowsをシャットダウンする「Win8off」

Win8off
LOLametro 無料

Windows 8を使っていてもうひとつ気になったのが、パソコンの電源を切るときです。「メトロUI」でも「クラシックUI」でも、わざわざ「チャーム」を呼び出して、そこから「設定」→「電源」という段階を踏まないといけません。結構これがストレス。そこで、簡単にシャットダウンできる「Win8off」です。

「Win8off」を起動。「Add to Start Screen」をタップすると「スタート画面」上にアイコンが配置される。「Add to Desktop」をタップすると「クラシックUI」のデスクトップ上にアイコンが配置される。

このソフトをインストールすると、「クラシックUI」のデスクトップ上に「Shutdown」というアイコンが作成されます。これをクリックすれば、即座にWindowsがシャットダウンされます。


デスクトップ上に配置された「Shutdown」をクリックすると即座にシャットダウン。チャームを呼び出す必要がない。

このソフト、「モダンUI」でも有効。「モダンUI」のスタート画面上に「Shutdown」というタイルが作成されるので、それをタップ。これでシャットダウンされます。


「スタート画面」上に配置。このアイコンをタップすれば即シャットダウン。

シャットダウンするたびにチャームを呼び出すのが面倒だと感じている人は、ぜひ使ってみてください。


●DVDビデオを再生したい場合は「VLC media player」で

VLC media player
VideoLAN Project 無料

Windows 8になって、地味に驚いたのが、DVDビデオの再生ができないこと。DVDビデオをセットしても、再生できるソフトが入ってないばかりか、コーデックもない模様です。一部メーカー製のWindows 8パソコンには、DVDのコーデックおよび再生ソフトがプリインストールされているようですが、Ultrabookのような光学ドライブが搭載されていないモデルでは、外付けDVDドライブを接続しただけでは、DVDビデオは再生できない機種が多いようです。

そこで、手軽にDVDビデオが再生できるソフトをインストールしましょう。「VLC media player」は、ソフト内にコーデックを内蔵しているマルチメディアプレーヤー。別途DVDビデオ用のコーデックをインストールしなくても、簡単にDVDビデオの再生が可能です。

「VLC media player」の見た目はシンプル。しかし機能は盛りだくさん。


DVDビデオをドライブにセットしたら「メディア」メニューから「ディスクを開く」を選択。


「ディスク」タブから「ディスク選択」で「DVD」を選択して「再生」をクリック。


DVDビデオが再生される。右クリックメニューから基本的な操作は行える。


また、このソフトはさまざまなファイルの再生に対応しているので、インストールしておけば何かと重宝します。動画だけでなく音楽もいけますよ。動作が軽いので、メインのマルチメディアプレーヤーとして関連付けをしておいてもいいでしょう。

関連リサーチ実施中!
Windows8、ズバリ使いやすい? 使いにくい? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10985 ]
Windows 8、ズバリ買う? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10211 ]

こちらのレポートもどうぞ!
ライフハックの達人が伝授! ビジネスマン必携のスケジュール&時間管理アプリ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10245 ]
意外と知らない!? 覚えておきたいiPhoneの使える小技10 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10781 ]
【comm】いまどき電話はタダが常識!無料通話アプリ5種を徹底比較 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10743 ]


【関連記事】
【EXCEL】「<条件付き書式>で、特定の数値だけを色分けする」基本&実例テク[レポート]
ライフハックの達人が伝授! ビジネスマン必携のスケジュール&時間管理アプリ[レポート]
Windows8、ズバリ使いやすい? 使いにくい?[リサーチ]
【comm】いまどき電話はタダが常識!無料通話アプリ5種を徹底比較[レポート]
ウレぴあ総研

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ