Amebaニュース

瀬戸康史、管制官を熱演中!『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』

11月16日(金) 14:16

 毎週日曜21時から放送中の『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ系)で管制官を熱演する瀬戸康史。彼が演じる山下佑司は、明るいムードメーカーでありながらも鉄道ヲタクの一面も持つというキャラクター。学生時代は、野球に打ち込むが高校卒業の時点でプロへの道を断念。小学校の時からの夢だった「管制官になること」を実現させた努力家だ。

 そんな山下同様に瀬戸が努力したのが「英語」なんだとか。「英語を覚えるのも大変ですが、それよりまず恥ずかしさがあって。普段話している言葉ではないし、堂々と言ってるけど本当に合ってるのかも不安だしで、まるで役者になって初めてセリフを言った時のような気恥しさがありました。それもようやく払拭できました」と撮影が始まって2カ月以上たった自分を振り返る。

 また「管制官を演じてみて、ドラマだからなんとなくできているように感じてますが、これが本当に人が乗っている飛行機を動かすとなると相当のプレッシャーですよね。羽田空港の場合、混む時間帯には2分に1機が離着陸すると聞いていますが、実際に忙しくなるとそれが1分に1機くらいに感じるんです。本物の管制官の方の大変さを改めて感じています。管制官の仕事は、多くの人命を預かる仕事なので責任とプレッシャーは大きいけど、その分やり終えた時の達成感や、やりがいも大きいんだろうなとは思います。ただ、管制官をやりたいかと聞かれると、僕はプレッシャーの大きさに負けちゃいそうなので…(笑)」と語り「最も困難な職業の1つ」と言われる管制官のすごさを改めて実感しているようだ。

 さらに「これまであまりスポットが当てられることがなかった管制官という仕事を知ってもらうことで、飛行機に乗る楽しさが大きくなると思います。普通に飛行機に乗っていると管制官を目にすることはないけど、飛行機を安全に飛ばすうえでとても重要な役割を担っていることもわかるし、管制官以外にもグランドスタッフや整備士や売店のおじさんまで空港で働くあらゆる人が描かれているので、人とのつながりも感じてもらえるはず。見た方が、飛行機に乗ることや空港を利用するのがさらに楽しくなればすてきだなと思います」とメッセージを寄せた。今後の山下佑司の管制官ぶり、そして電車ヲタクぶりが発揮されている瀬戸の「指差し確認」にもぜひご注目いただきたい。

■『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』
2012年11月18日(日)21:00~21:54(フジテレビ系)

関連リンク
【テレビドガッチ】『TOKYOエアポート ~東京空港管制保安部~』見逃し動画はこちら>>>

深田恭子、佐々木希、瀬戸康史が管制官の大変さを実感!『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』

深田恭子が航空管制官に!10月「日9」主演決定!フジテレビ連ドラは、なんと11年ぶり!!
テレビドガッチ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ