Amebaニュース

「こち亀」ファン待望!おはよう、日暮さん! 4年に1度、目を覚ます伝説のキャラが起床

7月30日(月) 11:30

 ロンドン夏季オリンピック開幕で盛り上がる中、あの男が目を覚ました。7月30日発売の週刊少年ジャンプ35号「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にて、伝説の男=日暮熟睡男(ひぐらしねるお)が起床したのだ。

【関連写真】時代が求めるブレない男の哲学・ジャイアニズムに酔え!!「ジャイアン猛言トランプ」

 「こち亀」の日暮熟睡男といえば“4年に1度、目を覚ます”という超絶な設定で知られる人気キャラクター。1980年の初登場以来、設定通りに現実の時間軸で4年に1度、オリンピックイヤーに目を覚ますのである。

 今回の「こち亀」では、「オリンピックが見たい」と4年前にイギリスへ渡った日暮の所在を掴むため、両津、麗子、中川の3人が渡英。“4年前”に持たせた携帯を頼りに足取りを追うのだが…。

 そもそもなぜ4年間、寝ているのか? それは彼の特異な能力に関係している。日暮熟睡男は超能力者であり(しかも年々、力を増している)、その能力は事件解決のため使用される(時にはそうでないこともある…)のだが、それによってモーレツに体力を消耗してしまうのだ。よって、冬眠前の熊のごとく大量の食べ物を摂取し栄養を蓄え、眠りに入るという儀式も行っている。

 4年に1度しか登場しないキャラクターがここまで市民権を得たのも、少年誌の最長連載としてギネス記録を誇る「こち亀」ならでは(今年で連載36年目)。2016年開催のリオデジャネイロオリンピックはもちろん、その後に続くオリンピックイヤーでも、日暮熟睡男が元気な姿を見せてくれることを切に願う。

 ちなみに、彼には日暮起男(おきお)という“4年間眠らない”弟もいる。


■関連記事
“このマンガがすごい!第1位”「花のズボラ飯」、実写ドラマ化決定!今、究極のズボラ飯がアツい
山田孝之が大島優子の代わりにコンサートに出演!? 新井浩文がAKBの大ファンだったことも判明
ぐわし!「楳図かずおだけど、質問ある?」本人が生放送で読者に質問に答えるライブ番組を配信
「ジョジョの奇妙な冒険」TVアニメ化決定!PS3専用ゲームの製作も決定!

クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ