Amebaニュース

心療内科医に聞く。人見知りを克服する方法とは?

7月2日(月) 17:00

子どものときから内向的で、社会人になった今も人見知りをしてしまう性格だ、という人はけっこういます。なんとか改善したいのですが、いい方法はあるのでしょうか。

心身医学専門医で心療内科医・野崎クリニック院長の野崎京子先生にお話を伺いました。


■名刺配りが苦手でプチうつになる新入社員も

「『人見知り』とは、本来は乳幼児が知らない人を見て、嫌がったり怖がったりすることを指します。
本能的に危険を避けようとしているわけですが、現在は大人についてもよく使い、コミュニケーションが苦手という場合にも言うようになりました。

私もどちらかと言うと、人見知りな方です。同業者の集まりなど社交的な場所で、積極的に名刺を配ってにこやかに雑談をする、などということは苦手です」と、だからこそ人見知りの人の気持ちが分かる、と言う野崎先生は、その克服についてこう続けます。

「積極的に名刺を配る人にあこがれて、仕事上、あんなふうに動きたいと思うことがあるかもしれません。新入社員のころは特に、それができないから仕事で差し支えるといって、五月病やプチうつになる人もいます。

でも、そういう体験をしたのなら、むしろ、『早くに自分の弱点が分かってよかった』と考えるようにしましょう。すると、仕事でもプライベートでも、毎日が建設的に動き出すようになります」

さらに深く自分の弱点を見極めるために、野崎先生はこうアドバイスします。

「人見知りだから営業的にはダメだ~と思い込まないで、自分のいい部分、例えば、
『おとなしいけれど人の話をじっくり聞くタイプだ』、
『温厚で人とのトラブルが少ない』、
『内気だけど自分のこだわりを生かして技術的な仕事に就きたい』
などと発想を転換し、落ち込む時間を自分の個性を生かすための時間に使うようにしましょう。気持ちも楽になるでしょう」

■いい格好をしようとして緊張する

「『近々、会社でプレゼンをするので、緊張しない薬はないか』、と心療内科を訪れる人もいます」と言う野崎先生は、緊張することについて、次のように分析します。

「多かれ少なかれ誰しも経験はあるでしょうが、緊張とは、相手に対する警戒心とか、自分をよく見せよう、いい格好をしようと背伸びする意識から起こります。

よく緊張する、人見知りするという人は、大人になっても危険を回避したい、また、自分をよく見せたい、褒(ほ)められたいという気持ちが強い傾向にあります」

では、「ありのままの自分で評価してもらえればいい」と思うと、緊張感や人が怖いと言った気持ちからは開放されるのでしょうか。

「そうです。自分の利益、自分そのものを守る気持ちより、ほかの人が心地よくなることを考えて行動すると、人見知りは改善されていくでしょう」(野崎先生)

具体的な改善方法として、

「うつ病になると、あいさつもできなくなることがあります。逆もしかり、です。ですから、まずは自分からあいさつをする習慣を身に付けましょう。
相手があいさつをしてこないから自分もしない、ではなく、自分から思い切ってあいさつをする。すると、相手はさわやかな気分になり、次からはあいさつをしあうようになります。
コミュニケーションが成立すると、あいさつの楽しさが分かってきます。

出世しなきゃ、上司に気に入られるように立ち回らなきゃ、と画策する前に、行うべきはあいさつです」

と野崎先生は、「受け身ではない自ら行うあいさつ」を勧めます。

最後に、こうも付け加えます。

「社交辞令が得意に見える人でも、よく聞けば、自分が言いたいことを言っているだけ、売りたいものを売っているだけ、ということもあります。

不器用でも、誠実に仕事をこなして粘り強く相手の要求に応えていこうとする姿勢であれば、必ず正当な評価を得るときがくるでしょう。自分の性格や個性を悲観したり、マイナスに思ったりすることは何もありません」

何だか気が軽くなりました。あいさつひとつとっても、相手の出方をうかがってしまうことがあります。自分も相手もさわやかな気持ちになれるよう、小さなアクションを積み重ねることが人見知り克服への道だと言えそうです。


心療内科医に聞く。人見知りを克服する方法とは? 監修:野崎京子氏。心身医学・ペインクリニック・麻酔科専門医。京都大学医学部卒。国立京都病院、大阪赤十字病院などをへて、現在、心療内科・ペインクリニックの野崎クリニック院長。著書に『心療内科女医が教える 人に言えない不安やストレスと向き合う方法』(マガジンハウス 1365円)がある。
野崎クリニック:大阪府豊中市新千里南町2-6-12 北大阪急行桃山台駅から徒歩7分 TEL: 06-6872-1841 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/pc/



(海野愛子/ユンブル)

【関連リンク】
【コラム】内科医が答える。処方薬は市販薬より効く?

【コラム】内科医に聞く。低体温は万病のもと?

【コラム】心療内科医に聞く。憂うつとうつ病のボーダーラインとは?

マイナビニュース

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ