Amebaニュース

たばこについて多角的な視点から学ぶ。大阪市立大学で講座開講

5月30日(水) 22:06

禁煙外来で知られる上本町わたなべクリニックは、大阪市立大学でたばこに関する寄付講座を開講する。

同大学の記念事業「はばたけ夢基金」の健康教育支援事業として実施されるもの。

同講座は、全学共通科目の文系・理系を問わず学べる特別講座として、10月から来年1月の期間にオムニバス形式で実施。

たばこに関する研究・教育を精力的に行っている国内の専門家や有識者を講師として招き、各専門分野での講演が予定されている。

講義内容は、たばこと病気の関係といった医学的な内容にとどまらず、政治学・法学・経済学・社会学などとたばことの関係など、横断的・体系的な見地からも行われる。

社会的な関心の高い、受動喫煙やたばこと子供の関係、たばこと女性の関係なども取り上げるという。

同企画は健康教育事業として、平成24年度から27年度までの4年間にわたって行われる予定だ。

成人前後の学生が、たばこについて科学的な講義を受けることにより、たばこについての正しい認識を身につけるだけでなく、広い物の見方を身につけるトレーニングの場として期待されているという。

【拡大画像を含む完全版はこちら】



たばこについて多角的な視点から学ぶ。大阪市立大学で講座開講
週末の寝だめは逆効果!? 睡眠に関するセミナーが開催
「確実に禁煙するぞ」という気持ちを強める方法
タバコは吸った方が良いか、禁煙運動かのトリック(解説編)




マイナビニュース

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ