Amebaニュース

トレーニングによる体脂肪燃焼が最も効果的な時間帯は?

4月21日(土) 17:00

糖尿病専門医に聞く。トレーニングによる体脂肪燃焼が最も効果的な時間帯は? ウォーキングやジョギング、ヨガ、ジムでのトレーニングなどを行うにあたり、「いつ実践すれば一番効果的なのだろうか」と迷うことはありませんか。

「体脂肪が燃えやすい時間帯がある」と言うのは、糖尿病専門医で大阪府内科医会会長の福田正博先生。

詳しいお話と、トレーニングのコツについて教えていただきました。


■最も脂肪が燃焼するのは、「朝食後、2時間ぐらい」

――トレーニングをすることで体脂肪が燃焼しやすい時間帯はいつでしょうか?

福田先生 いつどの時間に実行しても脂肪は燃焼されますが、1日のうちで最大に効率よく燃焼するのは、ずばり、「朝食後」です。

脂肪を燃やすためには、自律神経の一つである「交感神経が活発に働く」必要があります。
肝心なのは、この交感神経は、「夜よりも朝の時間帯に活発になる」こと、また、「空腹時よりも食後の方が活動する」ということです。

つまり、「朝ご飯のあと、2時間ぐらいまで」が最も活発に脂肪が燃える時間帯といえるのです。

「朝食後に20分以上、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を行うと、昼食後や夕食後にいたるまで血糖値(血液中の糖分の濃度)の上昇を抑えやすい」という医学データがあります。

運動中だけでなく、「運動後も数時間に渡ってその効果が持続する」と実証されています。脂肪細胞でエネルギーが燃焼し続けることになるからです。

■通勤時間をトレーニングタイムと考える

――会社員は、朝にトレーニングの時間をとるのは難しそうです。

福田先生 出かける前の朝食後の歯磨きタイムや新聞を読むときには、「腹筋に力を入れて足踏みをする」、「深くて大きい腹式呼吸をする」、通勤時には、「ひと駅分はウォーキングをする」ようにしましょう。

通勤電車では立つ、駅や会社では「階段の昇り降りをする」など、プチエクササイズを実践して常に体を動かすようにします。

「通勤時間帯はトレーニングタイム」と考えて、朝食後2時間までの時間を有意義に使ってください。

もっとも、これを機にいつもより1時間ほど早起きをして早朝散歩をする、ジムでトレーニングをしてから通勤する、などを実践すると、メンタルにも良い効果があります。

生活習慣を変えることができて気分も爽快、脂肪燃焼や減量のみならず、心身ともに健康と美容の力はアップするでしょう。

――忙しくて朝食抜きという場合、脂肪燃焼の効果はどうでしょうか。

福田先生 まず、目覚めてすぐにウォーキングやジョギングに出かけるというのは、健康にはよくありません。起きたばかりのころは睡眠中の発汗で脱水傾向にあり、筋肉や関節も硬くなっています。

朝食をとることは、体を目覚めさせるという重要な役割もあります。時間がなくても、せめて野菜ジュースを飲む、ヨーグルトとフルーツを食べるなど、 少し糖質・炭水化物を取り、軽くストレッチをして出かけてください。

――空腹時よりも食後のほうが体脂肪の燃焼効果は大きいのですか。

福田先生 空腹時に運動をすると体が飢餓状態となり、その後に食べ過ぎてしまう、脂肪を蓄積してしまうという反動に陥りやすく、ダイエットや体脂肪減に失敗する人が多いのです。血糖の上昇を抑えるという点からも、トレーニングは食後にすることをお勧めします。

朝食後2時間以内に運動をすると、その後の体脂肪燃焼率は高くなる――。挑戦してみると、活力ある一日を過ごせてその夜はぐっすり眠れました。これは早起きのモチベーションにもつながり、好循環になりそうです。

糖尿病専門医に聞く。トレーニングによる体脂肪燃焼が最も効果的な時間帯は? 監修:福田正博氏。糖尿病専門医。大阪府内科医会会長。医学博士。ふくだ内科クリニック(大阪市淀川区)院長。名医として数々のメディアで紹介され、著書に『糖尿病は「腹やせ」で治せ!』(アスキー新書 780円)、『専門医が教える 糖尿病ウォーキング!』(扶桑社新書 756円)、また、最新刊の『専門医が教える5つの法則 「腹やせ」が糖尿病に効く!』(マガジンハウス 1,365円)は、糖尿病患者だけではなく、ヘルシーダイエットとして有効な、「食べ方」、「ウォーキング」、「腹やせ」の実践法が分かりやすく述べられていて話題になっている。



(藤井空/ユンブル)

【関連リンク】
【コラム】専門医が教える。まちがったエクササイズはもうやめよう

【コラム】ボディメイク専門家に聞く。効果的に腹筋を割る方法とは!?

【コラム】体が臭くなる!? 間違いダイエット

マイナビニュース

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ