Amebaニュース

かんたん! 癒しの花生活の始め方

3月18日(日) 16:00

人間関係のストレスや仕事へのプレッシャーでちょっぴり落ち込み気味になったとき、部屋に飾った一輪の花に癒されることってありますよね。とはいえ、花を買う生活ってちょっと贅沢なイメージだし、上手に飾れる自信もない......。癒しの花生活、どうやって始めればいいの? 誰か教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、お花好きのフリーライター・有馬ゆえさん。「ストレスが溜まったときには花を買うのが一番です」と話す有馬さんに、楽しい花生活の始め方について聞きました。

■花瓶がなければコップで十分!
花が部屋にあったら癒されると思うのですが、値段が高いイメージがあります。安く楽しむ方法はありますか?

「花束を作ってもらうと2,000~3,000円することもありますが、店頭で250~500円くらいのミニブーケを売っている店もあります。それなら毎週1回買っても1カ月で1,000~2,000円。たまに、枯れてしまう寸前の花を5本で300円という安さで売っていることもあります」

そのくらいなら「ちょっと買ってみよう」って気になります! でも、花瓶とかも持っていないのですが......。

「最初はちゃんとした花器がなくても良いのでは。コップに飾るのもいいですし、私は炭酸飲料や医薬品の空き瓶に飾ることもあります。これはこれでレトロな雰囲気でかわいいですよ」

なるほど。最初から張り切りすぎると続かない、ということで、身近なものを花器にするのは良い手ですね。

■時間ごとに表情を変える花を楽しむ
花を買いたい気持ちが高まってきました。花生活の楽しみ方、もっと教えてください!

「わたしがよくやるのは、購入する際に茎をあまり切らず長めのままにしてもらうこと。最初は丈が長いまま細長い花器に入れて飾り、2~3日置きにちょっとずつ丈を詰めて短くしていくんです。水切り(水の中で花の茎を切ること)することで花が長持ちしますし、丈が短くなるごとに花器をサイズに合ったものに変えると雰囲気が変わって面白いです」

そんな楽しみ方があるんですね!

「同じ花でも、玄関に飾るか、窓際に飾るか、テーブルに飾るかでまったく見え方が異なります。枯れるまでの短い時間ですが、いろんな花の見え方を試してみるといいと思います。『この花をこういうシチュエーションで見るのが好きだな』って自分の好みがわかってくると、断然楽しくなりますよ」

すぐに枯らしてしまわないかが心配です。お花を長持ちさせる方法も教えてください!

「こまめに水を替えたり、水切りをしてあげたりするとそれだけ長持ちします。家に帰って花の様子を見て手入れをしている時間って、とても集中している瞬間。何かに没頭すると、嫌なことを忘れますよね。それもストレス解消につながるんだと思います」

自分自身のお世話もいいけれど、花の世話を焼くことで意外に自分が癒されるのかも?

■ひとことアドバイス
「花の写真を撮影してブログにアップするのは楽しいです。撮影することで、より深く観察できるような気がします。今はスマートフォンでもきれいに撮れるので、ぜひやってみてください」

自分へのご褒美でスイーツを買うのもいいけれど、花なら太りません。今年の春は「花より団子」ならぬ「団子より花」で行きたいと思います!

(鎌田和歌/プレスラボ)

ブックカフェのオーナー直伝! 「本をおしゃれに整理する方法」

【関連リンク】
インテリアコーディネートの達人に聞く、「部屋のすっきり収納術」
北欧雑貨を効果的に取り入れる3つのコツ
プロのカメラマンに聞く、料理写真をおいしそうに撮る方法

マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ