Amebaニュース

英国スピリチュアルヒーリングのパイオニア・故ハリー・エドワーズ氏。彼の教えから見えてくる注意点

2月23日(木) 22:00

提供:
前回、英国はヒーリングに寛容な国だという話をしましたが、なぜそのような体制になったのか詳しく知る人は少ないでしょう。

実はその理由には、伝説的なヒーラーの活躍が関係していました。

今回紹介するのは、スピリチュアルヒーリング界のスーパースターと言っても過言ではないヒーラー、故ハリー・エドワーズ(Harry Edwards)氏。

彼は英国でのヒーラーとしての活動で、ヒーリングをオカルトな魔術から医療へと昇格させた立役者として今でも世界的に知られています。

エドワーズ氏の治療実績は数千例を越えて残っており、英国王室から一般庶民まで分け隔てなくヒーリングを行ない、ヒーリングに治療費を求めることは一切なかったと言われています。

■エネルギーヒーリングとスピリットヒーリング

日本の「霊気」や中国の「気功」、米国の「セラピューティックタッチ」などは、ヒーラーが自らのバイタリティ(活力・生気)を患者に流して治療するエネルギーヒーリングです。

対して、エドワーズ氏が行なっていたスピリチュアルヒーリングは「治療専門の知性・個性を持った霊的存在が治療霊媒を媒介して患者を治療している」というスピリチュアリズムの理論によって成り立っています。つまり、生前医療に従事していた霊が治療をほどこすスピリットヒーリングのため、日に数10人治療してもヒーラーは疲れることなくヒーリングが行えるとエドワーズ氏は自著の中で明かしています。

以前紹介した治療霊媒として、有名なキプロスのダスカロスやブラジルのジョンオブゴッドなども、エドワーズ氏のヒーリング理論と同じような霊的存在によるヒーリングを行なっていると言えます。

著者『霊的治療の解明』(国書刊行会)は、邦訳者の意向によってネットで公開され無料で読むことができます。
 
【参照サイト・画像・動画へのアクセスはこちら】




■現在の英国スピリチュアルヒーリング事情

ただ現在の英国スピリチュアルヒーラー界では、日本のレイキなどの外来ヒーリングの人気もあり、霊能力を持った霊媒によるスピリットヒーリングを行える人材が少なくなっているそうです。

もちろん今もエドワーズ氏が代表を勤めた英国スピリチュアルヒーラーズ連盟(National Federation of Spiritual Healers)は存在し、ヒーラーの派遣や養成を行ない活動を続けています。また彼がスピリチュアリストの仲間と共に設立した治療院ハリー・エドワーズ・ヒーリング サンクチュアリ(Harry Edwards Healing Sanctuary)も残っています。

英国スピリチュアリスト協会(The Spiritualist Association of Great Britain)では、現在でも専属の霊媒師らによる「対面ヒーリング」と遠方への「遠隔ヒーリング」が行われています。

■日本のスピリチュアルヒーリング

ここまでヒーリングについて説明してきましたが、日本に住む私たちがスピリチュアルヒーリングを受けるには残念ながらトラブルと隣り合わせという認識が必要です。

英国をはじめ欧米では、主に医療機関との連携でヒーリングが行われていますが、日本にはそのような法が一切ありません。規制が無いため、誰でもが明日から「ヒーラー」を名乗りインターネットなどで患者を募ることができるのです。

霊的存在やエネルギーに関係する行為は、目に見えないため人を騙すことに悪用される可能性が高く、スピリチュアル商法(霊感商法)の温床になっている例が後を絶ちません。最近ではヒーリング系サロン運営の宗教団体が警察により摘発される事件なども起きています。

ヒーリングビジネス側の手法はさまざまで英国スピリチュアルヒーラーズ連盟の公認を看板にしたり、ハリー・エドワーズの名を使ったり、個人情報収集目的でネットに無料ヒーリングを掲げるサイト(フィッシングサイト)の存在もあるようです。

■治療を受ける際の注意点

●高額な治療費だから治るという考えを捨てる

スピリチュアルヒーリングに関していえば、高額な治療費だから治るという考えを持たないことが大切です。先に紹介したような伝説のスピリチュアルヒーラーたちは「無償」で治療を行っていました。

●無償だからといって氏名・住所を簡単に教えない

「タダほど怖いものはない」という諺があるように、人を騙す人は後を絶ちません。無償ヒーリングをうたいながら個人情報収集目的のフィッシングサイトもあります。もし個人情報を教えるのであれば、ヒーラーの身分証明が偽りないか、健全な団体か(ヒーリング実績・歴史があるか)、実際に活動しているかなどクチコミに頼らず下調べを行うことをすすめます。

●スピリチュアルヒーリングの相場

現在の英国スピリチュアルヒーリング界のヒーリング相場を知っておくことも必要だと思いますので、だいたいの料金を紹介しておきます。



●対面直接ヒーリング30~60分(約3000~8000円)
1人または複数のヒーラーが個人を直接ヒーリングする行為

●遠隔個人ヒーリング1日30~60分を1週間または一定期間(約3000~8000円)
1人または複数のヒーラーが個人を遠隔ヒーリングする行為

●遠隔集団ヒーリング(無料)
1人または複数のヒーラーが依頼者全員を遠隔ヒーリングする行為



高名なスピリチュアルヒーラーは「無償が1番」と口を揃えていますが、代替医療となった英国では治療費(寄付)を受け取ることが一般的になっています。なので日本国内ではヒーリングは指圧、整体、マッサージなどと同程度の料金体系だと理解しておけばまず適正だと思います。

国内でスピリチュアルヒーリングを受けるには、詐欺や霊感商法の危険と隣合わせの現状です。しかし人生の中で堪え難い出来事や重い疾病に冒されることもあるでしょう。

そんな時に、エドワーズ氏のようなスピリチュアリズムのスピリチュアルヒーリングを、選択肢の1つとして覚えておくことも必要はないかと思います。


[The Healing Trust、The Spiritualist Association of Great Britain、Spiritual Healing from the Harry Edwards Healing Sanctuary、YouTube]

(Teru Sun)

【関連記事】
ハワイの人気ヒーラーが指南! この1年をハッピーに過ごすコツは「自分だけの心地よい居場所」を見つけること
マヤ暦にうるう年の不思議「0.0. フナブ・ク」チャンスが訪れる! 自分を無にして銀河の恩恵を受け取ろう
「スピリチュアルヒーリング」の歴史とイメージ。ヒーリングに寛容な英国ではサイキック治療にも保険が適用される!
世界的スピリチュアリスト・ヤネスさんに導かれてインナーチャイルドに出会う『自分のほんとうの運命に気づく本』
Glitty

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ