Amebaニュース

大竹しのぶとブラザートムが夫婦役、熊本・天草を舞台にした痛快コメディ映画製作が開始

12月9日(金) 15:20

この秋紫綬褒章を授与された女優・大竹しのぶと、ブラザートムが夫婦役で挑む痛快コメディ映画「ワッゲン オッゲン~お前ん家 おれん家~」の製作が決定。来年1月にクランクインする。

【関連写真】窪塚洋介が陰陽師熱演、本物の呪術を調べるハマリっぷりに紫式部もスピンオフ応援!?

元遊郭を料亭に!主婦が芸者に!? 2010年春、ひとつの街から生まれた映画企画「ワッゲン オッゲン~お前ん家 おれん家~」。熊本・天草を舞台に、都会では薄れてしまった近所付き合いや町ぐるみの子育て、そして必ずしも誇れない街の歴史をも笑いに変える天草の女と、都会から逃げる様にやってきた女達が巻き起こす痛快コメディだ。

主人公には、日本を代表する女優で、このプロジェクトに共感し出演を決めたという大竹しのぶ、その旦那役には魅力的な演技に定評があるブラザートム。その他、杉田かおる、遠藤憲一など実力派俳優を迎え、更に素晴らしいスタッフも集まり、ついに2012年1月より撮影が開始する。

衰退都市No.1と囁かれる熊本・天草市牛深の地。昔は色街として栄えた歴史があり、今でもその面影が残るこの街で、夫婦仲良くウツボ屋を営んでいる弓枝と晃司。そんな頃、街で築100年を誇る元遊郭の「三浦屋」解体話が持ち上がっていた-。

「ワッゲン オッゲン」とは天草の方言で“お前ん家、おれん家”という意味。おんな達が巻き起こす痛快コメディ「ワッゲン オッゲン~お前ん家 おれん家~」は、2012年秋、全国劇場公開予定。


■関連記事
「バイナリー ドメイン」に北村一輝、武井咲ら豪華俳優陣の出演!「龍が如くスタジオ」第一弾作品
セガがクリエーター集団「龍が如くスタジオ」発足! 武井咲がゲーム声優として参加
過酷な子役の世界で生き残るのは“優等生”タイプ、子役ブームの移り変わり
98歳の新藤兼人監督、最後だと思って手掛けた「一枚のハガキ」で反戦訴え

クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ