Amebaニュース

Androidで放射線を測定できる外付けセンサー「AndroBeta」が9月30日に発売!予約受付中

8月12日(金) 16:55

提供:
Androidで放射線を測定できる外付けセンサー「AndroBeta」が9月30日に発売!予約受付中

Androidでも放射線量を測定!
ガイヤージャパンは、11日、Androidを搭載したスマートフォンなどのデバイスの3.5mmイヤホンマイク端子に接続することで放射線を測定できる外付けのセンサー「AndroBeta(アンドロベータ)」を発表しています。9月30日から出開始予定で、8月11日から事前予約を受け付けています。価格は、メーカー希望小売価格で1万9800円。

AndroBetaは、レッドスター総研が設計開発した放射線センサーで、ガンマ線とX線の測定が行えるというセンサーです。検出用センサーにPINフォトダイオードを採用した半導体検出方式ガンマ線検出センサーとなっています。

表示単位は、マイクロシーベルト(時間あたり)やミリシーベルト(積算)、avg cpm、cml cntとなっていて、数値の演算処理と測定結果の表示を専用のAndroidアプリで行うことで、低コスト化を実現したとのことです。専用アプリは、Androidマーケットからダウンロードすることになります。

電源は、単三乾電池×4本で、約100時間動作するということです。サイズは、大きさが85×32×171mm、質量が87gとなっています。

価格が抑えられていますが、一般的なセンサーよりも感度は低くなっており、測定時間が長くなることがあるとのことです。例えば、関東地域で利用した場合、通常のガイガーカウンターで測定に1〜2分程度かかるような場合に、AndroBetaでは10分程度かかるとのこと。放射線量の高い地域では、一般的な製品とほぼ同じ精度になるということです。

02


先日行った「スマイル☆キッズオンパク」でもiPhoneにセンサーを付けて放射線量を測定している方がいらっしゃったほか、通常のガイガーカウンターを持っている人も多数いたりと、やはりニーズが高いようですし、Androidにも対応した製品が出るのはありがたいですね。なお、直販以外にも家電量販店などでも購入できるようになる予定だということです。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・Androidスマートフォン専用外付け放射線測定センサー「AndroBeta」 | ガイヤージャパン株式会社ショッピング


■関連記事
・ソフトバンク、Androidスマートフォン新機種の折りたたみ型キティデザイン「007SH KT」とラウンドフォルム「Vision 007HW」を発表
・これが本当の「Yahoo!ケータイ」!? Yahoo! JAPANが自社ブランドのAndroidスマートフォン「Yahoo! Phone」を発表
・KDDI、auスマートフォンが安く購入できる学生向け割引施策「スマホキャンパス割」を実施中
・バッテリー容量の違いが戦力の決定的差ではないという事を…教えてやる!充電速度は通常の3倍!?「DCチャージャー・シャア専用ザク iPhone・iPod用」【キワモノガジェット通信】
・KDDI、auスマートフォンに対してデータ通信量による通信速度制御を10月1日から適用開始へ

エスマックス 08月12日16時55分

「Androidで放射線を測定できる外付けセンサー「AndroBeta」が9月30日に発売!予約受付中」記事詳細はコチラ


■関連情報
ソフトバンク、はじめてスマートフォンを使う人でも使いやすい「シンプルスマートフォン 008Z」を8月17日に発売開始
大人気シューティングが早くも大型アップデート!合言葉は“ポワっと光ってポチッとな”?「デススマイルズ」【iPhoneアプリ】
KDDI、モバイルWiMAX対応スマホ「HTC EVO WiMAX ISW11HT」にAndroid 2.3やEZwebメールなどに対応するソフトウェア更新を9月下旬に提供
S-MAX

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ