Amebaニュース

自分のしたい恋愛をするためにやるべきこととは?

7月20日(水) 10:00

 「好きな人の前では素直な人になりたい」、「愛する人を守れる包容力のある人になりたい」など、恋愛において自分が理想としている人物像はありませんか?
 米国NLP(TM)協会認定マスタープラクティショナーの田口久人(たぐち・ひさと)さんは、自分が理想とする恋愛をするためには、心理学の一種であるNLP(神経言語プログラミングの略)の「モデリングhttp://cobs.jp/love/daijiten/2011/06/post-14.html」という手法が有効だといいます。そこで、その具体的な方法をうかがいました。
自分が目標とする人の言動を、すべてまねることから始める

「これは、NLPを学んだことのない人でも、わかりやすい方法です」と田口さんは前置きをし、説明を始めます。
「まず、自分が理想とする『恋愛をしている人』を思い浮かべて下さい。理想の恋人像ではないですよ。恋愛映画の主人公や、テレビや雑誌に登場する芸能人やモデルでもよいでしょう。また、意中の異性の好きなタイプの芸能人や有名人でもかまいません。
 次に、その自分の理想とする恋愛をしている人の行動や見た目をまねします。身ぶりや話し方はもちろん、あこがれの女優であれば、メイクやファッションをまねする、その人の愛読書を調べて自分も読む、その人の行きつけの美容院で髪を切ってもらうなどもよいですね」(田口さん)
「ここで大切なのは、目標とする人の髪型やファッションなどの一部分をまねするのではなく、しぐさや表情、声のトーンなど、すべてを徹底してまねをするのがポイントです」と田口さんはアドバイスします。
 外面的なまねができたら、次のステップに移ります。「もし自分があこがれの人だったら」と自分の身を相手に置き換え、内面的な部分をまねします。
 具体的には、「目標とする人がどういう『環境』にいるか、どういう『行動』をとるか、どういう『能力』があるか、どういう『信念・価値観』をもっているかを考えるのです」(田口さん)
 そうすれば、「デートに誘うとき、目標とする人ならどうやって相手を誘うか?」、「恋愛相手とけんかをしてしまったら、目標とする人ならどう行動するだろうか?」などと考えることができるようになります。自分が恋愛で悩んだり困った状況になったときに、自分をあこがれの人に投影することで、解決方法が頭に浮かびやすくなります。
「芸能人や有名人ではまねがしづらいと思う人は、自分の周りのあこがれの先輩やモテる友人をまねして下さい。外見、しぐさ、言動、生活習慣など、身近で接している人なら、よりイメージしやすいかもしれません」(田口さん)
 また、「この手法を応用し、モテる有名人や友人を複数思い浮かべ、その人たちの共通点をまねするのも有効」だと田口さんは続けます。
「自分がまねをしたいと思う人、つまり『モデリング』の対象となる人は自分のあこがれる恋愛をすでに実行している人です。ですから、その人の言動をまねすれば自分も同じような恋愛ができると考えるわけです」(田口さん)
 このモデリングという手法は、恋愛だけでなく仕事にも応用することができます。成功を手にし、自分に自信を持っている人は魅力的です。そんな人をモデルに見立てて、まねをしていくというわけです。思い立ったらすぐにできるイメージの手法。ぜひ、チャレンジしてみてください。
文●下関崇子/ユンブル
■田口久人氏

キャリア・コンサルタント。慶応義塾大学を卒業後、広告代理店を経て「ヤングキャリアコンサルタント」として独立。米国NLP(TM)協会認定マスタープラクティショナー、JIPCC認定キャリア・コンサルタント、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー。著書に、『今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート』(日本実業出版社)、『内定の常識』(ダイヤモンド社)、『受かる! 自己分析シート』(日本実業出版社)、『受かる! 面接力養成シート』(日本実業出版社)。




■関連リンク

愛される恋、愛する恋、どちらが幸せになれる?

恋愛対象外だった相手と恋に落ちてしまう理由

【無料恋愛マンガ】恋愛ベタな女の子が運命の相手に出会うまで

マイナビニュース

関連キーワード

    コラム新着ニュース

    編集部のイチオシ記事

    この記事もおすすめ

    コラムアクセスランキング

    注目トピックス

    アクセスランキング

    写真ランキング

    注目の芸能人ブログ