Amebaニュース

マッサージ師に聞く! 「自宅で実践できる、むくみ取り方法」

5月30日(月) 16:00

社会人になると、慣れない環境に緊張してついつい肩が張ってしまうもの。また仕事疲れから、夕方になると足がむくんでパンパンになるという悩みを抱えている人も多いのでは? 自分でむくみを手軽に解消できる方法ってないのでしょうか。誰か教えて!

今回のちょいたつ(ちょい達人の略)は、ハワイ式の「ロミロミマッサージ」と、指圧を合わせたマッサージを施術するお店で働く田村さん(仮名)。もともとは理学療法士として働いていた経験もある田村さんなら、きっと体の仕組みまで知り尽くしているはず!

-田村さん、ぶきっちょな私にもできるような、むくみ解消のマッサージを教えてください。

「わかりました。まず、マッサージの際は、皮膚を傷めないようお風呂上がりにクリームやオイルのようなものを付けてマッサージすることを心掛けてください」

■顔のむくみ
「顔のむくみをとるときに重要なのは、リンパ腺に沿って、老廃物を流すことです。
1.まず、親指をくの字に曲げ、第一関節を使って小鼻のわきを押さえ、そのまま頬骨にそって耳の後ろのあたりまでぐーっと押し上げていきます。
2.次に、耳の裏から首筋まで、人差し指と中指の腹を使ってなでおろし、鎖骨のまわりや脇を優しくほぐしていきます。
こうすることで、むくみがとれてすっきりしてくるはず。ポイントは、顔の中心から外側に向かって押し流していくイメージで行うことです」

メイクの前などに行って、顔色を良くするのにも効果的ですね。では主に女性を悩ませる、足のむくみについてはどうすれば良いでしょうか?

■足のむくみ
「パンプスなどを履いていると、つま先が閉じっぱなしになるため血の流れが悪くなります。足は末端から心臓に向かってマッサージすることで、血行を良くしていきましょう。
1.まず足の指を開き、手の指を1本ずつ間に入れて組みます。そこから円を描くようにして足の指の間をぐりぐりとマッサージ。
2.次に、くるぶしの骨回りを手の平で軽く握り、骨にそって回すようにしてなでます。皮膚の薄い部分なので、力を入れすぎないようにしましょう。
3.そして、指の腹を使い、膝の裏側を優しくもみほぐします。
4.最後に手をグーにして、アキレス腱とふくらはぎの接続部分をもみほぐしたら完了です」

なんだか足が温かくなってきたような気がします。血行が良くなったということなのでしょうか。これからの季節、二の腕が露出する機会も増えると思うのですが……。腕がほっそりするマッサージはありますか?

■二の腕
「腕についても、指先などの末端から心臓の方へ向かうイメージで行います。
1.まず、手の指を1本ずつ、手の爪の真横を挟んで1秒くらい強くつまみます。
2.次に、片方の二の腕を、もう片方の手でもみほぐしていきます。
3.そして、脇のくぼみの後ろあたりをギュッと揉んでいきましょう。ただし脇の真ん中を押さえてしまうと、血管を止める危険があるので気をつけて行ってください」

■ひとことアドバイス
「むくみは姿勢の悪さからくることも。例えば猫背で肩が前のめりになっていると、鎖骨下や脇のリンパの流れが悪くなります。背中にお肉もついてしまうし、疲れやすくなるので良いことなし。まずは姿勢の改善をするだけでも、むくみ対策になるはず」

今回聞いたマッサージ、継続して家で実践していきたいと思います。でも私はもともと猫背なので、まずは姿勢を正すところからはじめなきゃ……。

モデルからキレイなお姉さんまで。ちょい達人に聞いた仕事と生活術入門コラム「ちょいたつの知恵」
(栗本千尋+プレスラボ)



【関連リンク】
【コラム】社長秘書に聞く「目上の人と行動するときのマナー」
【コラム】現役モデルに聞く「ちょっと差が付く集合写真の写り方」
【コラム】キレイなお姉さんに聞く「手間をかけずにすっぴん美人になる方法」

マイナビ学生の窓口

関連キーワード

    コラム新着ニュース

    編集部のイチオシ記事

    この記事もおすすめ

    コラムアクセスランキング

    注目トピックス

    アクセスランキング

    写真ランキング

    注目の芸能人ブログ