Amebaニュース

「ヒーローズ」の美形俳優、突然降板の裏事情を語る

5月3日(火) 11:00

TVシリーズ 「HEROES/ヒーローズ」を第1シーズンを限りに降板した美形俳優トーマス・デッカーが、雑誌OUTで当時の状況について語っている。

【関連写真】まるで「ヒーローズ」スピンオフ!? マシ・オカ、米TV局の新作SFドラマの脚本を担当

「HEROES/ヒーローズ」は世界各地を舞台にそれぞれに特殊能力を持った人間たちの謎を描くSFシリーズ。デッカーが演じたのはヘイデン・パネッティーア演じる主人公クレアの幼馴染で、唯一彼女の能力を知っているザック役。第1シーズン、計12エピソードを撮影終了するところまでは彼女にベタ惚れしているというストーリーだったのだが、突然、彼がゲイだったという設定にされてしまったという。そのカミングアウト・エピソードを撮影するわずか数時間前に知らされたデッカーは激怒。

「僕はもうめちゃくちゃに激怒したよ。ゲイという設定なら最初に知らせてほしかった。最初から僕なりにゲイの役を演じることができていたら、番組を観ている子供たちにとってもゲイのパイオニアになれたはずだ」。

撮影セットで脚本家たちに猛抗議したというが、それでもゲイであることを告白するシーンを演じた。しかし、その様子を見た番組クリエーターのティム・クリングが、やはりゲイの設定は取りやめると言い出したという。

デッカーはさらにこう語る。「結局、“トーマス・デッカーは同性愛恐怖症だ”とか、“ゲイを演じるのが嫌なんだ”とか言われたけど、僕自身も撮影の数時間前まで知らされていなかったのにどうしてそういう話になるんだ? でも後日、僕たちが第1話を撮影しているときに番組のプロデューサーが受けたインタビューを読んだら、実は僕の役はゲイであるってことを明かしてたんだ。彼らはずっと知ってたんだよ」。


■関連記事
5月2日に生を受けた撃墜王レッド・バロンの伝記映画、みのもんたら著名人から絶賛の声
「ヒーローズ」のH・パネッティーア、噂の長身彼氏とのエッチについて赤裸々暴露!
人気TVドラマ「glee」の出演者が、シーズンファイナルをツイッターで暴露し解雇!
ミニマムセレブ=スヌーキーの公演会に260万円の高額ギャラ!

クランクイン!

関連キーワード

    エンタメ新着ニュース

    編集部のイチオシ記事

    この記事もおすすめ

    エンタメアクセスランキング

    注目トピックス

    アクセスランキング

    写真ランキング

    注目の芸能人ブログ