Amebaニュース

ボランティア数 阪神・淡路は150万人で東日本大震災は4.4万人

4月22日(金) 16:00

「ボランティア元年」と呼ばれている年がある。阪神・淡路大震災の起きた1995年。それまで日本人はボランティアに消極的といわれてきたが、この震災では若者を中心に延べ150万人ものボランティアが活動した。

 一方、今回の東日本大震災では、厚生労働省によると、参加しているボランティアは3月末までに延べ4万3800人。まだ1か月とはいえ、神戸よりずいぶん少ない印象がある。

 阪神・淡路大震災でボランティアを経験した東京災害ボランティアネットワーク事務局長の上原泰男さんは、この少なさは地震の性格と規模の違いが原因という。

「被災地のエリアが長さ約25km程度の被害だった神戸に比べ、今回の地震は約500kmと規模が桁違いです。神戸とは異なり交通手段も乏しく、現地にはいることや宿泊が難しい。行政や社会福祉協議会も大きなダメージを背負い、ボランティアの支援態勢は万全とはいえません。とにかく手が足りない状況です」

※女性セブン2011年5月5日号


【関連記事】
伊藤園 震災後3日で被災地に60万本飲料水提供できた理由
ド派手トラックで福島慰問の小林幸子 47年前の恩返しだった
東日本大震災で寄せられる義捐金は阪神大震災の3倍ペース
神戸の社長 救援物資運ぼうとしたら「被災地の書類出せ!」
震災名称「東日本大震災」への決定は阪神大震災より早かった


NEWSポストセブン

関連キーワード

    コラム新着ニュース

    編集部のイチオシ記事

    この記事もおすすめ

    コラムアクセスランキング

    注目トピックス

    アクセスランキング

    写真ランキング

    注目の芸能人ブログ