Amebaニュース

電力供給アップに向け中部電力・北海道電力・タイ政府が支援

4月5日(火) 7:00

 企業や家庭の節電努力の一方で、供給力アップに向けて明るい動きもある。鍵を握るのは中部電力の周波数変換装置である。

 東電が西日本から電力支援を受ける際には、60ヘルツから50ヘルツへの周波数変換が必要だ。周波数の相違はもともと明治時代に東日本でドイツ製の発電機を、西日本でアメリカ製の発電機を導入したのがきっかけ。その後現在までこの問題は放置されていた。

 中電が東電に電力を融通するには、静岡市東清水、長野県新信濃、浜松市佐久間の3か所の周波数変換装置を通す必要がある。現在の変換能力は100万キロワットだが、中電は変換能力の増強に急ピッチで取り組んでいる。

 まず緊急的に東清水を3万キロワット増強することにし、5月には変換能力が向上する。将来的には30万キロワットにまで増強される予定だ。長野の泰阜水力発電所で50ヘルツの送電を可能にする工事をすでに行ない、2万~4万キロワットを融通。電源開発(Jパワー)の佐久間水力発電所などからの受電も50ヘルツに切り替え、約23万キロワットを融通し始めた。

 東電と同じ周波数である北海道電力からは現状で60万キロワットの支援を受けている。東北電力はこの季節は東電と同様に計画停電を検討しており電力に余裕はないが、夏場の電力需要量は関東に比べてそれほど上昇しないので、余剰分は東電への応援が期待できる。

 海外からも支援の手が挙がっている。

 タイ政府は東電にガスタービン発電機2基を無料で貸し出すと3月29日に発表。三菱重工製で、ほぼ休眠状態だった非常時用の2基で24万4000キロワットの供給能力があり、8月中の稼働を目指すという。全体の設置面積は1基約1700平方メートルもの広さで、これだけの規模の海外移送は例がない。諸外国からのこうした申し出も今後出てくるかもしれない。

※週刊ポスト2011年4月15日号


【関連記事】
福島第一原発 原子炉6基並ぶ世界に例ない“原発銀座”の理由
東大名誉教授 原発の代替発電手段・本命は「地熱発電」
東電に警察・公安から天下り多い理由 暴力団からの「用心棒」
小野田元少尉 ジャングルでラジオを聴いて競馬を賭けていた
大前研一氏 2007年に原発に対し3つの改善点を指摘していた


NEWSポストセブン

関連キーワード

    コラム新着ニュース

    編集部のイチオシ記事

    この記事もおすすめ

    コラムアクセスランキング

    注目トピックス

    アクセスランキング

    写真ランキング

    注目の芸能人ブログ