Amebaニュース

「さよならエリカ」高城剛が本誌に語った訣別宣言

3月8日(火) 11:40

提供:
「まず、先日エリカが兄と一緒に僕の実家を襲撃したことに対し、僕は大変怒りを感じています。
エリカは僕に『二度と(エリカの)家族に会うな! 私も二度と(高城氏の)家族に会わない!
ファック!』と壁にカップを投げつけて、スペインから一方的に帰国しました。つい1カ月半前の話です。
それなのに、何度も(高城氏の母が)来訪を断わっているのに、目的も告げず『とにかく、行きます』と電話を切ったそうです。そして、僕の同席を拒んだそうです。妹は怖くなって、外出先から急きょ戻り、(来るのが)エリカだけではないし、何をされるかわからないので、母親を連れ出しました」

高城剛氏(46)は、怒っていた。

"事件"が起きたのは妻の沢尻エリカ(24)が2月28日の会見で「5月16日になれば離婚できる」ことを漏らす3日前のことだ。会見でエリカは、別れの日が近づいていることを笑顔でアピールした。

だが、いっぽうの高城氏は1日に出版記念パーティの席で、エリカへの思いを明らかにした。エリカの話とは正反対の、高城氏が本誌に明かした全主張を公開しよう!

「エリカは、離婚の本当の動機を言いません。エリカは会見で『2009年秋に、いろいろな出来事があって(夫への)信頼を失った』と言っていますが、そのときはご存じのように、前所属事務所とエリカが揉めていたときです。その際に、共通の友人である元俳優がエリカに『高城は金に汚ない』『会社も乗っ取ったものだ』『高利で金を無理やり貸し付けられた』『オリンピックの仕事なんてしてなくて嘘だ』と話し、同時に彼はエリカを別の事務所ヘと誘いました。エリカは共通の友人だったために、錯乱しました。

その後、元俳優の発言はすべて嘘だとわかり、元俳優がこの年の年末、僕に『すべて嘘だったとエリカにお伝えください』とメールをしてきたので、その場は元俳優を許し、エリカも事態を理解しました。エリカが会見で言ったのは、このときのことだと思います」

さらに高城氏は、この後にも別の人物がエリカに同じようなことを吹き込み、エリカはそれを信じていると主張するが、はたして真相は?

(本誌では黒幕とされる人物の実名をあげています)
【FLASH】

FLASH

関連キーワード

    コラム新着ニュース

    編集部のイチオシ記事

    この記事もおすすめ

    コラムアクセスランキング

    注目トピックス

    アクセスランキング

    写真ランキング

    注目の芸能人ブログ