山田花子、次男との会話で職業病を実感した出来事 「ほっこり」「優しい」の声

提供:Ameba News/ブログ発

お笑い芸人の山田花子が18日に自身のアメブロを更新。次男との会話で職業病を実感した出来事を明かした。

この日、山田は「帰宅すると次男が、勉強してました!」と報告し、真剣な顔で机に向かう次男の姿を公開。「新しい鉛筆を一本削ったのに『もう一本、削りたい!』と言い出した」と述べ、「短くなってから、もう一本削るの」と諭すと、次男が「あっ! ピカチュウがいる」と自身の目を逸らさせるように別の方向を指差したことを明かした。

続けて「私がよそ見している間に削るのね 作戦、バレバレ」と述べつつ、「『え??? どこ?どこ?』と玄関まで探しに行った」と次男の作戦に乗ったことを説明。最後に「職業病よね~」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「ママ譲りのおもしろさだね」「ほっこりしました」「優しい」などのコメントが寄せられている。

関連記事

Ameba News

著者AmebaNews編集部

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

Ameba News

注目の芸能人ブログ