高橋真麻、火傷への心配の声に感謝「痕にならなければ良いけれど」

提供:Ameba News/ブログ発

フリーアナウンサーの高橋真麻が4日と5日に自身のアメブロを更新。火傷への心配の声に対して感謝をつづった。

高橋は、4日に「痕にならなければ良いけれど…」というタイトルでブログを更新。腕にできた火傷の痕の写真を公開し「ぐすん」と悲しそうな様子でつづった。

5日に更新したブログでは「火傷心配して頂きありがとうございます」と感謝を述べ「皮膚科にはまだ行けていませんが とりあえず市販のお薬は塗りました」と報告。最後に「立ち食い寿司を食べて元気つけます!(笑)」と寿司の写真を公開し、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「お大事になさってください」「早く治ると良いですね」「お寿司食べてパワーアップですね」などのコメントが寄せられている。

関連記事

Ameba News

著者AmebaNews編集部

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

Ameba News

注目の芸能人ブログ