薬丸裕英、左目の痛みで血液検査を受けた結果「時間の経過と共に赤み」

提供:Ameba News/ブログ発

タレントの薬丸裕英が20日に自身のアメブロを更新。左目の痛みで血液検査を受けた結果を明かした。

この日、薬丸は「先々週、左目の上部・下部に痛みがあり左目だけ涙目になっていました」と告白。「急性副鼻腔炎」を疑ったそうで「市販のクスリを購入しようと思っていた」と説明。一方で、念の為に知り合いの医師にメールで症状を伝えたところ「CTと血液検査」を勧められたことを明かし、病院へ足を運んだことを報告した。

続けて「CT検査では上顎洞に炎症もなく膿も溜まっていませんでした」と述べ、「血液検査も終わり診断結果は…副鼻腔炎ではなく帯状疱疹でした」と検査結果を報告。「帯状疱疹は時間の経過と共に赤みや水疱形成を伴うこともある」といい、「処方されたクスリを飲み10日間経過観察をして完治しました」と現在は完治していることを説明した。

最後に「先生曰く…コロナ禍で帯状疱疹の患者さんが増えているとのことでした」「皆さんもお気をつけください」と呼びかけ、ブログを締めくくった。

関連記事

Ameba News

著者AmebaNews編集部

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News