Amebaニュース

小栗旬「昔ケミカルジーンズ履いてた」デニムのスペシャリストと意気投合

9/14(木) 16:00

提供:
 俳優の小栗旬が9月14日、東京・KDDIホールで行われた、イメージキャラクターを務めるカジュアルウェア専門店「ライトオン(Right-On)」の新CM発表会に出席した。

イベントの模様はこちら!

 トークコーナーには、ジーンズのスペシャリストとして同社取締役・経営企画本部本部長の藤原祐介氏も登壇した。小栗が、「藤原さんのこだわりや、デニムのスペシャリストになるまでの歴史が聞きたいです」と興味津々で身を乗り出すと、藤原氏は「初めて買ったジーンズは、中1くらいだったと思うのですが、80年代当時流行っていたケミカルジーンズ。ダボダボのジーンズだった」と告白。これを受け、小栗も「僕とそこまで世代が変わらないと思うのですが、僕も昔ケミカルジーンズを履いていたなって思い出がありますね。むちゃくちゃ流行りましたもんね」と同調した。

 同社の新ブランドコンセプト「JEANS PLANET」をCGで表現した新CM「ジーンズの惑星篇」は、同社オリジナルブランド「BACK NUMBER」のベーシックジーンズとデニムジャケットをまとった小栗が、“ジーンズの惑星”を歩く姿を映し出す。この日の小栗の衣装も、同ブランドによるデニムのセットアップ。「同ブランドを着た感想」を問われた小栗は、「僕は着心地にこだわってしまうので、ストレスなく着れる感じがいいと思います」とほほ笑んだ。

 さらに、「ジーンズを着こなすポイント」を聞かれた小栗は「難しいですよね。いろんなジーンズにチャレンジしても、気づくと気に入った数本しか履かなくなってしまったりする。でも、やっぱり色々試してみるしかないのかな。そのうち自分の体にしっくりくるものが。ジーンズに限らず、洋服ってそういうものだと思う」と語った。

 新CM「ジーンズの惑星篇」は、9月16日から放映開始。

【関連記事】
実写版「銀魂」中国で大規模公開決定!スクリーン数1万2000以上に
「銀魂」舞台裏に壮絶ドラマ&攻防戦!?小栗旬×佐藤二朗×福田雄一が語る爆笑製作秘話
岡田准一&小栗旬、巨匠・降旗康男&木村大作のプレゼントに感激
西島秀俊、小栗旬は「弟のよう」 民放連ドラ初共演「CRISIS」で寄せる信頼
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ