Amebaニュース

北千住で物件探し、家賃11万3000円を10万5000円にできた値下げ交渉術とは?

9/14(木) 8:53

提供:


旅行に物欲、食欲まで人間の欲は盛んなれどカネがない……。そんな嘆きを吹き飛ばす「最強の交渉術」を総力取材!

◆大家と直接交渉できる地元業者を狙え!

「転勤や進学の少ない7~8月は、引っ越しの閑散期。この時期に空きが出た賃貸物件は、物件オーナーも焦っているので強気で交渉可能です」と市場を分析するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。

「大きく値切りたければ地元に強そうな仲介業者に足を運び、個人オーナー物件を探してもらいましょう。狙うべきは取引形態が『媒介』ではなく『専任』『専属』の物件。オーナーと業者が直接つながっていて交渉がスムーズです」

 早速、通勤に便利な場所なのに家賃相場が安いと人気の北千住で、地元の業者を訪問。内見したのは駅徒歩11分、木造築30年だが内装はリノベーション済みの、2LDKの部屋だ。「10万円台なら」と交渉すると、家賃11万3000円から10万5000円に大幅ダウン。ちなみに、家賃自体の値下げが難しい場合の交渉材料は?

「1~3か月分のフリーレントを相談してみましょう。実は、最初から業者に付与の判断が任されている場合もあるので、聞いてみて損はありません」(榊氏)

★交渉結果:11万3000円→10万5000円

「3年以上の長期契約や、ここで決めたいという意思を匂わせ、業者を味方につけましょう」(榊氏)

― プロが教える最強の値切り方 ―



【関連記事】
家電はどこまで値切れるのか? 洗濯機をヤマダ×ビック×ヨドバシで同時値下げ交渉してみた
恋人のいる男が住みたい街1位は吉祥寺。恋人ナシ男が住みたい街1位は?
「家賃を値切る交渉術」法的根拠のない礼金にも
郊外の「始発駅がある街」は住みやすいのか? 魅力とデメリットを現地調査
山手線への乗換えが便利すぎる“ほぼ山手線駅”の住みやすさを検証。武蔵小山、戸越銀座、天王洲アイル…etc.
日刊SPA!

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ