Amebaニュース

いよいよ開幕!宮里藍ラストゲームに向けて「まず自分との勝負かな」

9/14(木) 7:21

提供:
<エビアン選手権 事前情報◇13日◇エビアン・リゾートGC (6,470ヤード・パー71)>

今季の海外女子メジャー最終戦「エビアン選手権」の開幕を翌日に控え、この大会にて現役を引退する宮里藍が、現地で行われたプロ・アマ戦に出場した。

宮里藍が現役最後のプロ・アマ戦に出場!特選フォトでチェック!
2003年にプロ宣言してから丸14年。現役のプロゴルファーとしては最後となったプロ・アマ戦について、「すごくいい人たちで、とても和気あいあいとやれたと思う。最後のプロ・アマを楽しんでやれました」と話した宮里。プロ最終戦の開幕がいよいよ翌日となったが、「いや、もう淡々と。自分のやるべきことをやるだけです」と笑顔を見せた。

2009年と2011年に優勝するなど宮里にとっても思い入れのある大会。今回もコースのあるレマン湖のほとりをランニングするなど、なるべく外に出るようにしているという。現役最後の試合を前に自身の調子については、「まあまずます。ショットのタイミングが少しずつ合ってきたので、大丈夫だと思います」と語り、コースについても、「この数日の雨の影響でグリーンも軟らかいので、(スピードが)遅くなっている感じがする」と分析した。

前日の公式会見では「出るからには優勝しかない」と優勝宣言。キーとなるプレーについて聞かれ、「ショットだと思う。グリーンも難しいし。どこにちゃんとポジショニングができるかだと思う。スマートにプレーできるように頑張りたい」と答えた宮里。いよいよ迎える
最後の大会に向けては、「自分が(プロとして)積み重ねて来た時間は14年分あるので、私のプレーを通じて感じて貰えることもあると思う。今はとにかく最後まで自分のゲームをするのが最優先。まず自分との勝負かなと思っています」と言い切った。

「自分の中でやりきったところは多少あるので、あしたからはしっかりと自分のゲームを楽しんでやりたい」という“世界の宮里”が臨むラストゲーム。どんなプレーを見せてくれるのか、世界中が期待している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
宮里藍のラストゲーム エビアン選手権の組み合わせをチェック!
宮里藍現役最終戦 エビアン選手権開幕直前の様子を珠玉の写真で振り返ろう
【動画ニュース】エビアン選手権、宮里藍の記者会見
現役最後の試合に臨む宮里藍「これ以上ない舞台だと思っている」
ALBA.Net

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ