Amebaニュース

あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【新人編】

9/14(木) 6:30

提供:
(©ぱくたそ)
新人と言えば、やる気に満ちていて、一生懸命働くイメージだ。ただ、新人だからといって、必ずしも当てはまらないケースもある。
新人の常識が、実は非常識ということもある。そんな非常識により、周りを困らせてしまうケースもある――今回は、そんな職場の困ったちゃん【新人編】を紹介する。
■メールの返信をしない理由に唖然


「なぜかメールを送っても、返信がない新人がいました。度々注意して、最初は素直に従っていたのですが、途中からなぜか不満モード。理由を聞いたところ、『メールは流れてしまうものだし、私は機械ではないので、返信を求めないでください』と言い訳を始めました。あきれて何も言えなかったです。いやコミュニケーションツールなんだから、工夫してくれよと思います。
彼女には重要な仕事を渡しにくくなりました」(30代・女性)


■権利と義務をわかっていない


「仕事の繁忙期にも関わらず、有休取得をする新入社員。有給休暇は権利であるものの、仕事が第一優先であることをわかっていません。『繁忙期にも関わらず、休みを取るってどう思う?』と聞いたところ、有休をとる権利はあると主張してきました。
また成果も出していないのに、やれ旅行だセールだとSNSにもアップして、リア充を気取っている新人もいました。仕事をこなす義務を果たしてから、権利を主張してほしいものです」(30代・男性)


■「~だと思った」が口ぐせ


「やたらと仕事のミスがあり、クライアントとのコミュニケーションもうまくいかない新人。その理由は明確で、『~だと思った』ということを主張することが多いからです。
あなたが思ったことは何にも関係なくて、お客さんがどう考えているかを知ることが必要なんですけどね。厳しく注意すると、陰口をたたき始めますし、どうにも困ったものです」(30代・女性)

世の中には、このような困った新人たちがいるもよう。新人だからこそ、謙虚に人の言うことを聞いて仕事に取り組んで欲しいものだ。
・合わせて読みたい→グチを言っているだけでは… 「仕事で成長する人しない人」の違いとは
(取材・文/しらべぇ編集部・松岡佑季)
思い込みは禁物! ミスしがち・間違えがちなビジネスルール3選
ひどい!「有給取得をしようとした時に」職場でうけた暴言4選
あなたの身近にいるかも? 迷惑な職場の困ったちゃん【退職者編】
新人に「自分で考えろ」を言うべきでない理由に納得の声殺到
いったい何が起きたんだ…入社後1ヶ月経たずにやめていく新人たち
しらべぇ

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ