Amebaニュース

マンガの貸し借りができる電子書籍「全巻一冊」-紙の本と電子書籍のいいとこ取り

9/13(水) 13:00

「全巻一冊」は、紙でのマンガ読書体験を再現する電子書籍。プログレス・テクノロジーズが開発したもので、初回に販売されるのは「全巻一冊 北斗の拳」となる。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

紙の本を好む読者層にフォーカスした電子本で、A5サイズの単行本の中に7.8インチの電子ペーパー2枚が埋め込まれている。この構造により、マンガの見開き表現が自然に表現できるようになった。

データをダウンロードするのではなく、ある作品に対し、専用電子書籍リーダーを用意するという形式。従来の書籍が1作品に対して1冊の“紙の本”を用意していたように、1作品に対し1つの“電子書籍リーダー”を用意する仕組みだ。数巻~数十巻にわたることも多いコミック作品であれば、十分に意味のある仕組みといえるだろう。

またプログレス・テクノロジーズは、「全巻一冊」を普及させることで、電子ペーパーの価格を下げることも目指しているという。

商品には単行本と同じように表紙カバーも装着されており、電子書籍でありながら紙の本のような“所有する喜び”も提供する。一般的な電子書籍ではできない、マンガの貸し借りも可能。

作品をダウンロードすることはないので、ネットワーク接続は不要。電池は充電式ではなく、単4乾電池による駆動とした。

一方で、電子書籍のメリットも提供する。数巻~数十巻にわたる作品を一冊にまとめられるので、本棚の収納スペースを取らないですむのだ。コミック好きな人には、コミック専用本棚を大量に設置した部屋を持つ人もいる。だが、都心のマンション住まいだと、その部屋に対する毎月の家賃は馬鹿にならないものに。そんな人が「全巻一冊」をうまく活用すれば、大きな節約効果を出せるかもしれない。

その他、切替ボタンひとつで今読んでいるページを日本語から英語に変換する機能も搭載された。

今回提供されるコンテンツはノース・スターズ・ピクチャーズ「北斗の拳(究極版)全18巻」を電子化したもの。究極版に含まれる特別読切「我が背に乗る者」が、電子版として初めて収録されるという。

プログレス・テクノロジーズは現在、クラウドファンディングサイトkickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では2万5,000円の出資で「全巻一冊斗の拳」を入手可能だ。キャンペーン終了後の販売予定価格は3万7,800円(税抜き)となっている。

ところで、「全巻一冊」購入後、うっかり踏んでしまうなどして電子書籍リーダーを破損してしまった場合はどうしたら良いのだろう。

プログレス・テクノロジーズの広報担当者によれば、「全巻一冊 北斗の拳」の価格は、“電子書籍リーダー部分+コンテンツ部分”で構成されているという。このため、電子書籍リーダーが破損した場合は、電子書籍リーダー部分のみの金額で交換できるそうだ。

また、「北斗の拳」以外のコミック作品の販売も検討されているとのこと。今後扱える点数が増えるかどうかは、「全巻一冊 北斗の拳」がどの程度売れるかにかかっているとのことだった。


【関連記事】
マンガを約700冊持ち運べる!…Kindle Paperwhite「マンガモデル」は、カバンに入るマンガの本棚
iPhone 7 Plusで読書を楽しむ…電子ペーパーディスプレイ付きスマホケース Oaxis「InkCase i7 Plus」
うまそう!「中央アジアご飯」テーマの漫画、「乙嫁語り」作者が連載―外務省サイトで
LINEと「ONE PIECE」コラボ―1~60巻無料、尾田栄一郎氏描きおろしイラストも
インターネットコム

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ