Amebaニュース

ミニスーパーファミコン、9月16日に予約開始―ミニファミコンも来年に再生産

9/12(火) 18:45

任天堂の復刻版ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は9月16日から予約を開始し、10月5日に発売予定。また同じく復刻版である「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は2018年に生産を再開する。販売開始時期は明らかにしていない。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンは、1990年に発売した往年の人気ゲーム機「スーパーファミコン」を手のひらサイズにして復刻。当時の本体を模したデザインで、付属する2個のコントローラーはサイズもボタンの配置も以前と同じ。昔と変わらない操作性で楽しめる。

PCなどに電源供給用USBケーブルで接続し、HDMIケーブルでテレビやディスプレイにつないで利用する。かつて登場したさまざまなゲームから21種類を選んで収録しており、従来のスーパーファミコン用カセットを差し込んで遊んだり、ダウンロードなどでタイトルを追加したりはできない。それでも前評判はすごぶる高い。

任天堂が1983年に世に送り出したゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」を手のひらサイズで復刻した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が、満足度の高い仕上がりだった背景もある。そちらは2016年に発売し、楽しい思い出に惹かれた多くのファンが購入した。

なお内部に基本システム(OS)としてLinuxを搭載していることもあって、電子工作好きやオープンソース好きのためのおもちゃとしても偏愛を受けた。同様にニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンがどんな仕様になっているか、調べたくてもううずうずしている技術好き(ギーク)もいる。


【関連記事】
手のひらサイズの「スーパーファミコン」―いよいよ任天堂がくわしい動画を公開
セガは10年早かった―TVにつなぐとメガドラのゲームが遊べた「メガドライブ プレイTV」
任天堂、米国でもミニスーファミを発売へ!…「Super NES Classic Edition」
ファミコンに続き「スーパーファミコン」も復刻―幻の未発売ゲーム収録
インターネットコム

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ