Amebaニュース

山中を1位にランク=薬物陽性のネリが王者-WBC

9/12(火) 23:43

提供:
 世界ボクシング評議会(WBC)は12日までに最新ランキングを発表し、京都市で8月15日に行われたバンタム級タイトルマッチで13度目の防衛に失敗した山中慎介(帝拳)が、同級1位にランクされた。
 山中を4回TKOで破ったルイス・ネリ(メキシコ)は来日前のドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが判明し、現在WBCや日本ボクシングコミッション(JBC)が調査中。ランキング表には王者として掲載されている。
 山中は進退について態度を保留。調査の結果次第でネリのタイトルが剥奪され、空位になった王座を争う決定戦が開催される可能性がある。その場合、原則としてランク1位の選手は最も高い優先順位で出場できる。 [時事通信社]
時事通信

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ