Amebaニュース

鈴木おさむが「坊主謝罪」告白、コメント欄に重い謝罪体験続々

放送作家・鈴木おさむ氏が、「謝罪」について過去の「坊主」になった体験をブログで報告している。そして、コメント欄には多くの人の謝罪エピソードが次々と書き込まれている。

鈴木氏は、妻・大島美幸に謝った際に怒られ続けると笑ってしまうのだという。そのうえで、こういった方法を編み出した。

「ある時、僕が考えた答えは、元気に謝る。
すいませんでしたーー!と
大きな声で頭を下げる。

実際に妻に一回やってみましたが、謝った後も、まだ説教が続いたので効果なしでした(笑)」

どうやら効果は薄かったようだ。謝罪は難しいものの、謝り方が上手な人についてはこう述べる。

「まず最初に「すいませんでした」と潔く謝る。

それで、あとに話を聞いて、また謝る。

僕も謝るときはその作戦ですが。

とにかく。
まず謝る。

最初にフガフガしてると、その姿にまたイライラしてくるので。」

そして、もっともこれまでに深い謝罪をしたのは、ラジオ番組でクイズを作ったところ、鈴木氏が作った出題が間違いで、パーソナリティに迷惑をかけた時のことだ。この時は謝罪の意思を示すために坊主頭になった。

だが、坊主頭になることはリスクもあるという。というのも、知り合いがとある女性に坊主になって謝罪に行ったところ「私が坊主にさせたみたいじゃないですかー」と泣き出してしまったというのだ。

謝罪のために坊主になった最近の例としては、不倫疑惑が週刊新潮に報じられた中川俊直衆議院議員の例がある。地元の支援者らに坊主頭で謝罪したが、この時は「ソフトモヒカン」のような状況になっており、「あんなのは坊主ではない」と批判された。さらには「おしゃれボウズ」とまで報じられる始末で、潔くないと批判された。

謝罪はかくも難しいと感じられる鈴木氏のエピソードを受け、コメント欄では読者からの謝罪体験が続々と書き込まれている。土下座あり、さらには要介護だった母にインフルエンザをうつしてしまい、その後亡くなったことへの悔恨の念を書く人もいるなど、重い告白が並んでいる。

【関連記事】
・「謝り??」(鈴木おさむオフィシャルブログ)
・竹内涼真が『過保護のカホコ』最終話撮影中と報告、「まだ撮影してるの?」と驚かれる
・メキシコに行っていた梁川奈々美が自身の無事と稲場愛香の復帰を発表
・もえのあずき “おやつ”で2.5kgのカツカレーを2杯平らげる
・アレク「男性も育児休暇を取ったほうがいいよ」 女性一人の子育てが大変だと実感
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ