Amebaニュース

通訳するイヤホン「The Dash Pro」-iTranslateと連携

7/17(月) 7:40

「The Dash Pro」は、通訳機能を提供するワイヤレスイヤホン。ドイツ ミュンヘンに本拠を置くBragiが開発した。

【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

Bragiの名前が世に知られたのは、2014年にスタートした同社のkickstarterプロジェクトがきっかけ。“世界初のワイヤレスイヤホン”を謳って登場した「The Dash」は、およそ339万ドル(約3億8,400万円)もの資金調達に成功した。

「The Dash Pro」はその「The Dash」の後継機種。「The Dash」の問題点を改善しているという。

「The Dash Pro」には、他のBluetoothイヤホンにはない、いくつかの興味深い機能が搭載されている。小さなボディには4GBのストレージを備えたMP3プレイヤーが内蔵されており、スマートフォンなしでも音楽を聴くことが可能だ。

コントロールはタッチに加えヘッドジェスチャーもサポート。頭を振って再生中の曲をスキップしたり、うなずいて着信を取ったりできる。

専用OS「Bragi OS」の存在も、「The Dash Pro」と他のワイヤレスイヤホンとの違いを際立たせている。スマートフォンアプリとして提供されているこのOSは、フィットネストラッカーなどの機能を備えている。

だがBragiが一番プッシュしている「The Dash Pro」の機能は、iTranslateと連携して動作する通訳機能だ。この機能は海外旅行や出張で利用者を助けてくれるかもしれない。

通訳機能を使用するには「The Dash Pro」を指でタッチして起動し、通訳して欲しい内容を話す。するとその内容はiTranslateに転送され、指定された言語に翻訳されてスマートフォン画面に表示される。翻訳内容を音声で読み上げることも可能だ。

会話相手はスマートフォンのマイクに向かって話したり、タッチスクリーンにテキストを入力したりして応答する。その内容はiTranslateによって利用者の母国語に翻訳され、「The Dash Pro」から音声として聞こえてくる。こうして、異なる言語を使用する人とコミュニケーションができるという仕組みだ。

翻訳品質はiTranslateそのもの。そのレベルについてはすでによく知っているという人も多いだろう。特定のシーンでは“意外と使えるな”と思うこともあるが、まったく使えないと思えることもある、というのが多くの人の実感ではないだろうか?翻訳品質が気になる方はiTranslateをiPhoneまたはAndroidスマートフォンにインストールして試してみると良いかもしれない。7日間は無料トライアルが可能だ。

「The Dash Pro」は現在、米国、欧州各国、ノルウェイ、スイス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、香港に向け、同社のオンラインストアで販売されている。

インターネットコムでは、「The Dash Pro」の日本向け出荷についてBragiに取材。現在は技適マークなどの取得に向けて作業中で、この作業には2~12週間かかるとの回答を得た。また、日本向けに製品が出荷されるタイミングについては、同社の公式Facebookを確認して欲しいとのことだった。


【関連記事】
通訳してくれるイヤホン「CLIK」―来年の海外旅行は、これを耳に入れて
「音質が悪い」「外れやすい」を解決するBluetoothイヤホン「Liberty+」…モバイルバッテリーのAnkerが開発
遠距離にいる恋人に「耳元」で愛をささやけるピンクのイヤホン―APlay Pulse
出荷まで6週―ワイヤレスイヤホン「AirPods」人気も品薄
インターネットコム

関連キーワード

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ