Amebaニュース

お部屋の収納術まとめ! 狭い部屋でもきれいに片付く方法とは?

7/15(土) 11:00



一人暮らしの部屋って収納スペースも本当に少ないですよね。一人のアパート暮らしで最も悩んでしまうのが、持ち物の収納方法でしょう。「収納を試みても結局上手くいかず、部屋の片隅に山積み」なんて人もいるのでは……? 今回は狭い部屋でもきれいに片付く収納術をご紹介します。あなたも是非、収納術を実践して部屋をきれいに片付けてくださいね!






■お部屋の収納術1 押入れ・クローゼットの収納方法



・押入れの収納


押入れは通常、天袋・上段・下段に分かれています。天袋は普段使わない比較的軽い物を収納、上段は最も使いやすい位置にあるため、頻繁に使う物を収納するか、クローゼットとして使用することもできます。下段は重い物の収納に向いています。

きれいに収納するコツは、やはり収納ボックスや収納グッズを活用して、すっきり見せることです。収納ボックスなどを購入する場合、押入れのサイズを測り(押入れはサイズが一定でない)、できれば押入れのスペースにぴったり合ったものを選びましょう。見た目にもきれいで収納効率も高くなります。ボックスの中に入れた物が、わかりやすいようにクリアタイプのものがおすすめですが、見せたくない下着などの収納は、見えない素材のものがいいでしょう。

オフシーズンの布団、毛布などは、圧縮袋に入れて圧縮してから収納しましょう。圧縮袋で縮めてしまえば、クルクル巻いて押入れの余ったスペースや天袋にも収納できます。


・押入れをクローゼットとして活用する場合


押入れの上段をクローゼットとして活用する場合は、押入れ用のハンガーラックが便利です。押入れは奥行きが深いので、クローゼットとして利用するには奥行きが無駄なスペースとなりますが、押入れ用ハンガーラックは奥にオフシーズンの衣類などを重ねて置ける棚が付いているため、奥行きを無駄なく活用できるようになっています。

また、突っ張り棒を使用する場合も奥にカラーボックスなどを置き、やはりオフシーズンの衣類などを収納すると、奥行きを無駄なく活用できます。


・クローゼットの収納


クローゼットは長さの短い衣類をかけた場合、衣類の下部分のスペースが空いてしまいます。このスペースを無駄なく活用するため、クローゼット用収納チェストなどを利用し、たたんで収納できる衣類などを収納しましょう。ハンガーにかけて収納する衣類が多く、ぎっしり隙間なく衣類がかかっている状態にすると、取り出しにくいばかりでなく衣類に型崩れやしわが生じ、衣類を着ようとして取り出しても着られない状態になっている可能性があります。たためる衣類はなるべくたたんで収納しましょう。かさばる冬物コートやジャケットなどは、洋服用の吊るせるタイプの圧縮袋に入れて、圧縮してから吊るすとスペースを有効に活用できます。

■お部屋の収納術2 ベッドは多機能タイプを選ぶ

リビングの収納


近年は、狭い部屋でもスペースを有効活用できるさまざまなベッドが市販されています。オーソドックスな引き出し収納付きベッドや跳ね上げ式収納タイプのベッド・机付きのロフトベッド・押入れやクローゼットがない部屋でもベッドの下をクローゼットに使えるカーテン付きロフトベッド・また、夜はベッドとして昼間はソファとして利用できるパイプベッド・さまざまな形に折りたため、椅子のように使用可能な折りたたみベッドなど多種多様。ベッドは一度購入すると長く使い続けることになりますし、良質な睡眠をとるためにも、収納量だけでなく寝心地も重視しなければなりません。可能ならば、購入時に寝心地を試せるものを選びたいものです。そして、収納する物や量などを考慮し、自分の部屋に最適なタイプのベッドを選ぶようにしましょう。
■お部屋の収納術3 見せる収納のテクニック

収納上手な人は、隠す収納だけでなく見せる収納も一味違います。日常でよく使用する物は隠してしまうと、必要なときにすぐ探し出せないことも。必要な物が一目でわかり、見た目もおしゃれな見せる収納テクニックを磨きましょう。

見せる収納のために必要なグッズはシェルフ(棚)ですが、シェルフも多種多様なものがあります。

自立型のシェルフ、壁に取り付けるタイプのウォールシェルフ、組み合わせ自在なユニットシェルフ、オープンシェルフ、ブロックシェルフなど。素材も木製、スチール、アクリルなどさまざま。DIYが得意な人は個性的なオリジナルシェルフを作るのも楽しいでしょう。おしゃれに見せるためのコツを以下にご紹介します。


・シェルフはテイストを揃え、統一感を出す。

部屋の中にシェルフを複数置くまたは取り付ける場合、統一感があってきれいにみえるようテイストを揃えましょう。


・見せる物と隠す物を分類する。

こまごまとした物まで見せてしまうと、雑然としたイメージになってしまいます。最初に見せる物と隠す物の分類が必要です。小物は種類別にボックスやかごに入れてからシェルフに並べましょう。


・本の収納は高さや凹凸、色を揃える。

本を並べる場合は高さや凹凸、色などが揃っていた方がきれいに見えます。雑誌などはファイルボックスに入れて縦に収納。本が崩れてしまわないように、ブックエンドを利用しましょう。


・美しく見せるコツは余白にあり!

最初は余裕があったシェルフも、物が増えるにつれぎっしり詰め詰め状態になってしまうのが一般的ですが、こうなってはもう見せる収納ではなく、ただ物が詰まっているだけになってしまいます。美しく見せるコツは余白にあるといっても過言ではありません。どのようなタイプのシェルフでも、物を置きすぎない、詰めすぎないことが大切です。


・他人の目線で見てみる


部屋に住んでいる人は、その部屋に慣れてしまっているので、どこがどう雑然としているかわかりにくいものです。たまには他人の目になって冷静に自室の観察してみることをおすすめします。他人がその部屋に入った瞬間を想像してみましょう。ドアを開けた瞬間、目に入るものは何でしょうか? それは整然としていてきれいに見えるものでしょうか? 他人の目線で見ると、自室の改善点がよくわかります。


・美しく見える収納量の限界を知る

収納の達人でも、狭い部屋に収納できる物は限界があります。さらに美しく感じる収納量はもっと少なくなります。これ以上増やしてしまうと、もう美しくは見えないというポイントが必ずあるのです。もしあなたが自分で見て、わりとおしゃれに収納できていると感じているなら、それが限界ポイントです。それ以上物を増やすことはできません。「そんなことは絶対無理……」そう思った人もいると思いますが、無理ではありません。何か一つ物を増やせば一つ処分すればいいのです。下着や洋服でも、本でも同じ。買った分だけ処分すれば物は増えません。いつまでも美しく収納ができ、効率的で快適なスペースを保つことができます。

■お部屋の収納術4 玄関が狭い場合の靴収納

一般的な一人暮らしの部屋は、玄関のスペースも大変狭いですよね。シューズボックスが付いている部屋ならいいのですが、付いていない部屋も多いようです。そんな場合、靴はいったいどこへ置けばいいの? と考えてしまいますよね。男子大学生であっても、スニーカーが数足にスーツ用の靴程度は持っているようです。おしゃれな女子大生なら、多くの靴を持っている人もいるでしょう。でも大丈夫! 狭い玄関でも靴を収納するためのさまざまな省スペースラックが市販されています。突っ張り棒タイプのシューズラックや、壁に立て掛けるだけのもの、天板付きの省スペースラック、カーテン付きのラック、扉の付いたボックスタイプのものなど。しかしラックを買うまでもなく、100均グッズなどで簡単に手作りすることもできます。カラー煉瓦を両端に並べ、ワイヤーネットや透明のアクリル板などを置いただけでも靴収納ラックに早変わり。あなたのアイデアで省スペースの素敵なシューズラックを作ってみましょう。

収納ラックも置くスペースがない場合は、玄関扉の上のスペースに棚を作り、靴を箱に入れて収納しましょう。全面が開くタイプの箱なら、積み上げていても取り出しやすいです。中に何が入っているのかわかりやすい透明タイプや半透明タイプの箱を利用すれば便利ですね。そして折りたたみ式などのコンパクトな踏み台を置いておけば完璧です。

■お部屋の収納術5 収納上手になるにはどうすればいいの?

収納や片付けが上手な人とそうでない人の大きな違いは想像力です。片付けが上手な人は常に部屋を快適にする方法や、アイデアを探しています。例えば、ちょっとした隙間やデッドスペースをどう使うかとか、何をどこに置けば効率的で便利か、そのためにはどのような物が必要かなど、想像力を働かせているのです。

そして、収納するということはしまい込んでしまうのではなく、出しやすさ、使いやすさを基本に考えなければなりません。もし収納した物が探しにくく出しにくい場合、もうそこへ収納する気になれません。収納しても出すのが大変なら、収納しないで外に出したままになってしまい、部屋は物で溢れてしまいます。

大切なのは、すぐに取り出すことができる収納だからこそ、すぐに片付けられる収納だということです。そのためにも、便利な収納グッズを活用することが必要になってきます。

さらに、最も重要なことは捨てることです。昔から、「片付け上手は捨て上手」といわれています。必要のない物は思い切って捨てることが収納上手の第一歩。本当に必要な物だけの部屋にすることが、無駄がなくシンプルで快適な暮らしに繋がります。

収納・片付け上手になるためには、まず無駄をそぎ落とすこと。これはダイエットと同じで、1日でできるものではありません。ゆっくりじっくり取り組んでみましょう。今日は洋服、今日は本というように、ポイントを絞って疲れないように、楽しみながら行うのがコツです。無理なダイエットがリバウンドを起こすように、片付けや収納も一気に行うとリバウンドがありますよ!

少しずつきれいに片付く自分の部屋を見ていると、片付けること、収納することが楽しくなっていきます。そして自分の部屋がますます好きになることでしょう。

執筆:宮崎ゆう(ナレッジ・リンクス)

【関連リンク】
大学生だし遊びたい!実家暮らしVS一人暮らしのメリットとデメリット
関係性から見えてくる貯金力? お金との相性&関係性診断
一人暮らし大学生必見! 節約できるコスパ最強な自炊レシピ8選
大学生の一人暮らし、初期費用はどれくらい? 必要なお金と節約のトリセツ
マイナビ学生の窓口

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ