Amebaニュース

新車販売台数4年連続No.1「アクア」が外観を大幅に変更してマイナーチェンジ!

6/19(月) 19:56

提供:
TOYOTAは同社コンパクトカー「アクア」をマイナーチェンジし6月19日(月)から販売を開始した。価格は178万5240円から。

【写真を見る】新登場のグレード「Crossover」

アクアは4年連続で新車販売台数No.1を獲得するトヨタ自動車の人気車種。

今回のマイナーチェンジでは、外観の意匠を大幅変更。伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめフードやフェンダー、バンパーなどの意匠を変更することで、フロント周りをさらに洗練されたイメージに変更。併せてリヤもコンビネーションランプ内の意匠を変更するとともに、リヤリフレクターをバンパー下部に新たに配置し、より安定感あるスタイルとしている。

内装では、センターメーターにTFTマルチインフォメーションディスプレイを標準装備するほか、新たにホワイトソフトレザーのシートを採用するなど、先進的かつ上質なイメージとしている。

走行面も進化、ボディ剛性を強化するとともに、タイヤサイズを大きくすることで、優れた操縦安定性を確保するとともに、乗り心地も向上させた。

見逃せないのが、従来の「X-URBAN」を見直し、クロスオーバースタイルをより進化させた新グレード「Crossover」を設定したこと。グリルやルーフモール、16インチ専用アルミホイール、フェンダーアーチモールなどアクティブなイメージを付与する専用デザインとしている。走りにおいては、専用のチューニングを施し、SUVらしいしっかりとした操舵感を追求しながら、乗り心地も向上させた。

エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御も変更され、「L」グレードでは、クラストップのJC08モード走行燃費38.0km/Lを達成。「S」「G」「Crossover」においても、34.4km/Lを実現したという。

より魅力的になったアクア。ぜひチェックしてみてはいかが【ウォーカープラス編集部】


【関連記事】
トヨタ「ル・マン24時間レース」をクラス2位で完走。MEGA WEBのパブリックビューイングから温かい拍手
トヨタVSポルシェの激戦を見逃すな!富士6時間耐久レースのチケット発売開始
愛車をお得にグレードアップ!HKSが夏の「86/BRZフェア」を全国で開催
クルマの運転がラクで楽しくなる!プリウス用アクセサリーを試乗チェック
Walkerplus

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ